任意売却とは?メリットとデメリット【センチュリー21の任意売却無料相談】

CENTURY21 センチュリー21広宣
任意売却.com  無料相談受付
0120-87-3303 電話受付:年中無休 9:00〜22:00

お客様事例

HOME | お客様事例 | お客様事例85−88

お客様事例

事例85:離婚。別居。カードローンでの返済も限界に。

<長野県在住 40歳代 独身>

長野県に在住。一人住まい。
会社員として働いてます。
5年位前から夫婦仲が悪くなってました。
子供の教育方針でも違いや、義母の通院のための援助の事などで、
日常的に口論が絶えなくなってました。
家に帰れば、愚痴を聞かされ、挙句の果てには、給料が安いんだから、
休みの日はバイトでもすればいいのにと。
家計は妻に任せていましたので、上手く切り盛りしてくれていると感謝してましたが、
この事をきっかけとして、気持ちが離れると同時に、精神的なダメージを受けました。
何とかうまくやってきましたが、自分の精神が限界に達していたのでしょう。
心療内科で受信をした際に、極度のストレスによるパニック障害寸前との診断でした。
このままでは、自分自身がボロボロになってしまうと思い、妻と話し合いを持ち、
妻が家を出ていく事で決着がつきました。
別居をしてお互いが頭を冷やす良い機会になればと思ったのですが、
一旦離れてしまった気持ちを元に戻す事は無理でした。
結局、協議の末に離婚をする事になりました。
広いマイホームは一人で住み続けました。
子供の養育費、家賃の補助をすると、住宅ローンの支払いが困難となりました。
返済できるあては無かったのですが、カードローンで住宅ローンを返済してましたが、
これとて、時間の問題でした。
そんな時に、インターネットでセンチュリー21広宣さんのHPに出会いました。
衝撃だったのは、「住宅ローンを借金して返済してはいけない。」という言葉でした。
最初は、半信半疑でしたが、メールでの問い合わせに対して、すごく丁寧に対応いただきました。
更に、電話でもっと詳しく話をしていただき、こちらの疑問に対して、
親切に答えていたきました。
センチュリー21さんは、かなりの件数の任意売却をやっているようで、
いろいろな事例を話してくれました。
センチュリー21さんに、任意売却の依頼をして思った事は、
もっと早く、センチュリー21さんのHPに出会っていれば、任意売却について知っていれば、
キャッシグで借り入れをして住宅ローンの返済にあてるというような、
バカな事をしなくて済んだのにという事でした。
遠方にも関わらず、丁寧に、時に励ましてくれながら任意売却を進めていただいた
スタッフの方へ、心から感謝をしております。
ありがとうございました。

事例86:離婚、教育費、任意売却へ。

<千葉県在住 50歳台 独身 >

千葉県に在住。
子供の教育費がここ数年、重くのしかかってきてました。
年々、出費が増える一方です。
残業も減り、給与が激減しました。
自宅に早く帰れるようになったことは、ありがたいのですが、特にやる事もなく。
給与が減ったにもかかわらず、飲みにいく回数は増えてました。
妻との仲も険悪になっていた時でもあり、ちょっとの事で口論となりました。
教育費の増加、給与の減少、飲酒による体へのダメージ、それらから来る、ストレス。
結果、一年後には妻との話し合いの結果、離婚という事で同意しました。
インターネットで任意売却を知ったのは、ちょうど、離婚が決まった頃でした。
センチュリー21の担当の方に、教育費と離婚が原因で任意売却になりましたと話すと、
「今、一番多い理由は、離婚です。」と言われてました。
任意売却というと、住宅ローンの不払いが起因となる事が多いので、
離婚をして、住宅ローンを支払わなくなる事に対して、何か罪悪感のような物を
感じていました。
センチュリー21の担当の方から、 「任意売却は選択ですし、債権者が積極的に進める制度です。」とのお話しを聞き、
安心して任意売却を進める事ができました。
離婚、任意売却と大きな物を続けて失った訳ですが、不思議と後悔はありません。
気持ち的に不安定だった自分を励まし、励まし、任意売却を進めてくれた、
センチュリー21の担当の方には、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。


事例87:妻の病気。子供の教育費増。給与減。

<群馬県在住 60歳台 家族5名>

群馬県に在住。家族5名 東日本大震災依頼、会社の業績が著しく悪くなりました。
給与やボーナスが減額という形で生活に重くのしかかってきました。
共働きで家計を助けてくれていた妻が、体調を崩して、働けなくなりました。
住宅ローンの返済にも影響が出るようになってきましたが、預金を崩しながら返済してました。
子供が3名。上は大学生。高校と中学生の子供を抱える中で、教育費が一番の比重を占めてます。
家族会議を何度も行いました。
大学の子は、大学を中退して、自分が働くと言ってくれました。
高校の子は、定時制への転向を考えるとも言ってくれました。
中学の子は、バイトをすると言ってくれました。
正直、涙が出るほどうれしく思いました。
みんな、優しい子に育ってくれて安心しました。
妻との相談の結果、教育第一という結論に至りました。
自分が高校卒業で、社会に出てからいやな思い、悔しい思いをしたので、せめて子供達には、
同じような思いはさせたくないという事で結論にいたりました。
住宅ローンの滞納は必然的に起こりました。
銀行からの連絡に戸惑いながら、インターネットで検索。
センチュリー21広宣さんのホームぺージに出会いました。
成功事例をくまなく読みました。
エリアに関係なくやってくださるという事にもホットしました。
また、池袋で自社ビルで長く経営されている事にも安心しました。
テレビのコマーシャルでも馴染みのある、センチュリー21に加盟している事も安心材料でした。
電話で相談したときに、簡潔、明瞭に、判りやすく説明をしていただけました。
豊富な経験に基づく実例を、生の声で聞けて、センチュリー21さんに依頼を決めました。
任意売却が進む中、時には不安になる事もありました。
その都度、センチュリー21の担当の方が励ましてくれて、任意売却を進められました。
結果、任意売却はスムースに進みました。
特に問題もなく、センチュリー21の担当の方にお任せて進めさせていただきました。
子供の教育を最優先に考えた結果、家を失いましたが、
子供という我々の宝の明るい未来に期待を寄せつつ、家族で第2のスタートができました。
東京から遠い中、遠方にも関わらす骨を折っていただいた事に感謝してます。
本当にありがとうございました。

事例88:40代の引きこもり。それは、私の夫です。

<長野県在住 50歳 ご夫婦>

長野県在住。
昨今、ネット上で話題となっている、高齢者の引きこもり。
これが、現実の問題として、我家に降りかかってきたのは、4~5年前からの事です。
まさか、自分がこのような事になるとは思っていませんでした。
事の始まりは、主人が仕事上のトラブルで体調い異変が起こった事からです。
当初は、風邪をひいている、微熱ああるという程度でしたので、
内科へ行き、その都度、薬を処方してもらって飲んでで良くなる事を繰り返してました。
それが、段々と頻度が多くなり、症状も変わっていきました。
あとから振り返ると、うつ病の始まりだったのでs。
1年位まえからは、心療内科へ通院しています。
うつ病と診断をされ、自宅での療養に。
子供はなく、夫婦2人だけの生活。
マンションは、共働きでローンの返済をしていました。
夫の収入が途絶えると、ローンの返済、管理費の支払いが厳しい状況となりました。
今後の事を考えると、選択肢はいくつかありました。
離婚をする。
マンションに私が住まい続ける。
マンションから私が出ていく。
私が、夫に対して抱いた感情は、感謝でした。
今まで、頑張って働らき続けてくれた。
これからは、不動産を手放してでもこの夫と賃貸で暮らしていこうと決めました。
そして、そのために任意売却という選択をしました。
いろいろとホームページを見る中で、いくつかの会社へ問い合わせをしてみました。
長野県に在住と話しをすると、たいがいの業者はエリア外との事で断られました。
困った中でたどり着いた、センチュリー21広宣さんのページ。
書かれていた内容に救いを求めて、電話をしてみました。
その内容とは、「センチュリー21広宣は任意売却においてエリアは問いません。」
電話をして、一通りお話しをしたあと、長野県ですが対応できますか?と聞いてみると、
問題ありませんと言われましたので、その場で任意売却の依頼をしました。
センチュリー21広宣さんとの付き合いは、相談をしてから任意売却が完了するまで、
1年2ヵ月にわたりました。
その間、細かくフォローしていただき、励ましていただき、大変に感謝してます。
今では、無事に任意売却も終える事ができ、賃貸へ越して、新生活をスタートしています。
環境も変わり、夫の症状も落ち着きを取り戻しています。
環境が変わったせいか? 外に出る事ができるようにもなり、症状も改善に向かってます。
これも、全てセンチュリー21さんが、任意売却を受けていただけたからと感謝してます。
本当にありがとうございました。
これからも、夫婦でしっかりと人生を歩んでまいります。