任意売却とは?メリットとデメリット【センチュリー21の任意売却無料相談】

CENTURY21 センチュリー21広宣
任意売却.com  無料相談受付
0120-87-3303 電話受付:年中無休 9:00〜22:00

お客様事例

HOME | お客様事例 | お客様事例41−44

お客様事例

事例41:定年を迎えました。今後の返済を考えて任意売却に。

<埼玉県在住 60歳台 ご夫婦>

長年働いた会社を定年となり、退職しました。
今後の人生設計を考えると、かなりの残債がまだ残っている状況で、
年金のみの収入になる事を想定すると自宅を維持し続けることが良いのか?
妻と話し合いをしました。
私たちには、子供がありません。
子供がいれば、話しは変わってくるのでしょうが、特に財産を残すという事は必要ありません。
そこで、断捨離の一環として、まず手始めに、住宅を処分しようという事になりました。
そこで、問題と壁にぶち当たったのです。
現時点で売却しようとすると、残債が完済できないという事です。
自分の手持ちを出してという事もできません。
地元の不動産業者に相談してみましたが、回答は一律に
「残債を完済できて、仲介手数料を払える金額で売却をするしかないですね。」との事。
その金額で売却できない事は、近隣相場から素人でも判ります。
インターネットで調べてみました。
任意売却という方法がある事を知りました。
知人に相談してみると、その方の知人で任意売却をされた方がいるとの事。
詳しく話を聞かせてもらいましたが、その業者が大変に親身にやってくれた
との話が印象に残りました。
妻と相談して、その業者さんの話を聞いてみようという事になり、電話をしました。
すると、担当の方が親身に話を聞いてくださり、的確なアドバイスをいただけました。
信頼に足る担当者さんだなと感じましたし、センチュリー21に加盟している会社ですので、
安心してお任せしようという事になりました。
実際に、任意売却をスタートするまでは約6か月位はかかりました。
その間は、住宅ローンを止めた状態で、そのまま生活できたので助かりました。
売却をスタートして、約1ヵ月で買手さんが見つかり、その後1ヵ月で引き渡しができました。

任意売却後の返済(分割弁済協議)は、生活の無理のない範囲で設定する事もできました。
センチュリー21さんには、感謝です。
ありがとございました。

事例42:難病指定”潰瘍性大腸炎”に。離婚、そして住宅ローンの滞納。

<千葉県在住 40歳台 独身男性>

自分は、千葉県に在住。
ごく普通の会社員です。住宅ローンも滞納なく返済してこれました。
昨年の始めに、突然、腹部の痛みが。
今までに感じた事のない痛みに、すぐに病院へ行きました。
診断結果は、潰瘍性大腸炎でした。
潰瘍性大腸炎とは、何らかの理由で大腸の粘膜に炎症が起こり、びらん(ただれ)や
潰瘍ができる病気です。
発熱や体重の減少が起こる事もあるそうですが、自分は、発熱もなく体重も維持してました。
発症当初、入院検査等で約1ヵ月は欠勤をしました。
自分の場合は、さほど酷い状態ではなかったため、短時間で職場へ復帰する事ができました。
しかし、病気が治った訳ではありません。
1ヵ月間の休職中に住宅ローンの滞納が発生しました。
体調の事もあり、残業を減らしてもらいましたので、その分収入が減りました。
その後も、ボーナス返済ができない状況となり延滞が増えていきました。
妻は、将来への不安と介護疲れからのストレスが溜り、離婚を求めてきました。
そんな時、センチュリー21広宣さんのホームページをインターネットで拝見。
始めて、任意売却という言葉を知りました。
滞納があれば任意売却は出来ますと言われで、安心しました。
また、任意売却にかかる費用は、債権者が売却金額から捻出してくれるとの事で、
安心しました。
任意売却という事で、ストレスを感じることはありませんでした。
多分、センチュリー21広宣は、陰げ相当に苦労をされたのではとお察しいたします。
妻との離婚も無事成立。
新規一転、新しい生活をスタートする事もできました。
大変にありがとうございました。

事例43:若年性認知症を発症。退職。住宅ローンの滞納。

<長野県在住 50歳台 独身男性>

長野県に在住してます。
会社員として働いていましたが、数年前より物忘れが激しくなってきました。
当初は、生活にも支障がなく問題もなかったのですが、ここ1年の間に急速に症状が悪化しました。
病院で診断をしてもらった結果は、若年性認知症でした。
しばらく、会社は休職扱いで休みにしてもらいましたが、仕事の業務が
細かい注文を受けて受注管理をする仕事という事もあって、
自分なりに考えた結果は、会社に迷惑をかける事になると思い退職をしました。
会社を退職して治療に専念。回復は見込めず。
収入も途絶え、住宅ローンの返済は困難となりました。
裁判所には、後見人として息子を認定してもらい、将来を考えて任意売却の手配をしました。
センチュリー21広宣は、後見人の物件の取り扱いも多く、任意売却の経験も豊富でしたので、
当方の売却にはピッタリの業者だと判断しました。
いい事も悪い事も、辛い事も楽しい事もあった家を売却できました
センチュリー21広宣のおかげと感謝してます。
あと数年もすれば、任意売却をしたことすらも忘れてしまうかもしれません。
本当にありがとうございました。



事例44:ガンを発症。住宅ローンの滞納に。

<東京都在住 50歳台 ご夫婦>

東京都に在住。
会社員として勤務してました。1年前に胃ガンを発症。
早期発見でしたので手術をして現在は、仕事へ復帰も可能となりました。
発症してから、手術を行い、仕事へ復帰するまでには8か月間を要しました。
会社は、休職として再度復職する事ができましたが、通院、検診、手術、抗がん剤治療等。
手持ち資金も含めて、ほぼ使い果たしてしまいました。
住宅ローンの返済にはお金を回す事ができませんでした。

そんな時、インターネットでセンチュリー21広宣さんのホームページを拝見。
ベテランスタッフの方が対応してくれました。
相談した時の説明が、簡潔明瞭。非常に判りやすい説明で納得できました。
また、私からの質問に対しても適格にご回答をいただけました。
債権者にたいして、任意売却の申し立てをした際にも、その後の交渉事も、
全て、センチュリー21広宣さんがやってくれました。
任意売却によるストレスをほとんど感じる事もありませんでした。
術後の経過も良好で、体調も良いです。
任意売却に関しては、何も心配せずにセンチュリー21広宣さんにお任せして
無事に契約をする事ができました。
任意売却後の返済については、病状の事を考慮をいただきまして、無理のないところで、
お話し合いが付き返済をしております。
無事に賃貸に引っ越しもできまして、また妻と共に、第2の人生を楽しみたいと思ってます。

ありがとうございました。