任意売却とは?メリットとデメリット【センチュリー21の任意売却無料相談】

CENTURY21 センチュリー21広宣
任意売却.com  無料相談受付
0120-87-3303 電話受付:年中無休 9:00〜22:00

お客様事例

HOME | お客様事例 | お客様事例25−28

お客様事例

事例25:残業が減り給与減。教育費がかさみ、住宅ローンの返済が困難に。

<神奈川県在住 40歳台 ご夫婦>

大手事務機メーカーに勤めて19年。 営業職ですので多少の増減はあるものの、給与は安定してました。
景気の落ち込みから、残業が大幅に減りました。
その結果、手取り額が急激にダウンし、また丁度、子供が高校に入学と教育費がかかるようになった。
貯蓄があったので、しばらくは、その貯蓄を崩しながらやってきました。
結果としては、貯蓄を使い果たしました。
挙句の果てに、マンションの価格は下落をして、残債も完済できない状況となりました。
自分と家計のやりくりではどうする事も出来ない状況になり、住宅ローンの滞納が始まりました。
インターネットでローン滞納、不動産売却と検索すると、任意売却のサイトにたどりつきました。
最初は、聞きなれない言葉とインターネットにあふれる怪しいHPに戸惑いました。
何を信用していいのかわからないので、安心のできるセンチュリー21さんに絞って、相談、面談をさせていただきました。
任意売却という方法があること、我が家が取れる最善の方法であることを充分に理解できました。
債権者との交渉も全てセンチュリー21広宣がやってくださり、ストレスなく進めるられました。
任意売却も思った以上に早く決着をつける事ができました。
分割弁済協議も無事に終わり、新たな生活をスタートする事ができました。
センチュリー21広宣には感謝してもしきれません。
本当に、ありがとうございました。
 
 

事例26:離婚が原因で住宅ローンの支払いが困難に。

<栃木県在住 30歳台 独身男性>

飲食店に勤務。 時間がかなり不規則で、その影響もあってか、夫婦仲が悪くなり離婚をしました。それまでは、夫婦共働きですので元妻と2人で住宅ローンを支払ってました。娘と妻と家を出ていきましたが、妻はそれ以降はローンを支払わなくなりました。


その分、ローンの返済が私一人に重くのしかかってきました。
最初の1ヵ月、2か月は何とか工面しながら支払う事ができましたが、
この支払を今後も20年以上続けることは到底できないなと思いました。
家には、疲れ切って帰りただ寝るだけという生活です。
家がどうしても必要な状況ではありませんでした。
無理をして今後もローンを払い続けるか?ローンの支払いを止めるか?
悩みました。
何故なら、ローンの支払いを止めれば、競売しかなく自己破産をしなければならない、
という思いがあったからです。
しかし、インターネットで調べてみると、任意売却という方法がある事を知りました。
ローンの滞納があってできる事。
残債が残っても売却できる事。
任意売却にかかる費用の自己負担はゼロという事。
どれも、嘘のような話でしたので、業者を絞り込んで、相談をしてみました。
しかし、どの会社も栃木県に在住と話すと、エリア外でストの一言で電話を切られました。
その中で、センチュリー21広宣さんだけは、親身に話を聞いてくださり、
丁寧な説明をしていただけました。
また、エリアも問題ないという事でしたし、何より、センチュリー21の加盟店でしたので、
安心をして任意売却を依頼する事ができました。

相談後は、今まで感じていたストレスが嘘のようになくなりました。
債権者との交渉も全て、センチュリー21さんがやってくれましたし、
売却についても、問題なく進めていただけました。
任意売却後の分割弁済協議についても、アドバイスをいただいた通り話ができました。
すべて、順調に進み、相談をしてから5か月後には引越しができ、
6か月後には、任意売却が完了して新しい生活をスタートする事ができました。

センチュリー21広宣には感謝しかありません。
本当にありがとうございました。

事例27:アルコール依存症が離婚の原因。住宅ローンの支払いが困難に。

<埼玉県在住 40歳台 独身女性>

私は、保険会社に勤務。
生活も共働きで、何も問題がありませんでした。
しかし、数年前に夫が職場でリストラの対象となった事が原因で、
度々、深酒をするようになったのです。
最初は、ストレス発散のためなのだからと気にも留めませんでした。
しかし、お酒の量は日ごとに増える一方。
体調が思わしくなく、検査でもひっかかる事がありました。
決定的だったのは、会社から転勤を言い渡された事をきっかけに、自己退職をしたことでした。
家にいる時間が長くなり、必然的に朝から酒を飲むような毎日になりました。
いくら止めても、私が働いている間は一人で酒を飲み続けていました。
ハローワークへ行っても、職が見つかる訳がありません。
3か月目からは失業手当が入るようになりましたが、住宅ローンは止めてまで、
酒の飲み代に変わってしまいました。
住宅ローンの滞納が進み、債権者から督促状が届くようになりましたが、
主人の酒の量は増えるばかりでした。
ローンの滞納、働く事もせず、酒を飲み続ける夫を止める私に、暴力を振るうようになりました。
もう、一緒に生きていく事はできないと覚悟をして離婚をしました。
問題は、ありましたが、何とか別れる事ができました。
でも、住宅ローンの問題は解決してません。
インターネットで、離婚、住宅ローン滞納と検索すると、任意売却という言葉がヒットしました。
いろいろな業者のホームページを見比べてみましたが、どれも同じような事が書かれてました。
聞いた事もないような不動産屋の名前。少々、胡散臭い宣伝。
不安をいだきながらも、一つの業者に相談にでかけました。
立派なオフィスに案内されて説明を受けました。
説明は、はっきり言って、要点を得ず、判りづらいものでした。
不安になり、もう1社に相談。
それが、センチュリー21広宣でした。
前に1件相談をした事を話すと、その会社は、上がワンルームの雑居ビルで応接は、
全ての会社の共用事務所である事が判りました。
また、宅建の免許番号が(1)という事で、設立されたばかりの会社だった事も判りました。
センチュリー21広宣さんは、自社ビルで30年の営業。
センチュリー21に加盟して30年以上。
免許番号は(9)という、大変に歴史のある会社だと判り、安心しました。

なにより、説明が非常に判りやすく、丁寧に説明をしていただけことが一番でした。
任意売却はセンチュリー21広宣に依頼をしました。
その後は、全て順調に進みましたが、離婚した主人の同意を取り付ける事が少々大変でした。
債権者との交渉もアドバイス通り、順調にできました。
センチュリー21広宣に任意売却を依頼してよかったです。
ありがとうございました。

事例28:住んでいた両親が、収入減から住宅ローンの返済が困難に

<埼玉県在住 40歳台 男性>

自宅を購入して、住宅ローンを組みました。
実際に物件い住んでいたのは、自分の両親です。
親孝行のつもりで、マイホームを購入して親に住まわせてました。
自分は、仕事の関係もあり千葉県に在住。
千葉の家は、会社の近くに賃貸のアパートを借りて住んでいました。
住宅ローンは、住んでいる両親が払っていました。
父が病気になり、収入がなくなった時期がありました。
その間、母は住宅ローンが払えていない事は私を心配させないようにと、 内容については話をしてくれませんでした。
3か月間の住宅ローンの滞納があると、債権者から突然の督促状を母から見せられた時は、
驚きと共に、今後はどうなるのかな?との不安でいっぱいになりました。
督促状の内容としては、3か月間の滞納分と利息を一括してお支払いいただきたい
という事でしたが、到底払えるものではありません。
住宅ローンの滞納がある中で、住宅の売却ができるか?
残債が完済できない状況でも売れるものなのか?
インターネットで調べてみると、任意売却というキーワードが引っ掛かました。
インターネットでは、沢山の任意売却業者が出てきました。
どの会社も良い事ばかりで、何を選ぶ基準にしてよいか迷いました。
絞り込むについて、
1.社歴が10年以上あること。
2.できれば、名前が通った大手であること。
3.受付の会社が最後まで任意売却をする(他社へ回す事がない)こと。
4.営業スタッフに実際にあって話が聞けること
条件的に絞りこんでみると、ヒットした会社は、数社だけとなりました。
 
各社へ電話をして話を聞いてみると、最後まで残った候補は1社
それが、センチュリー21広宣でした。

迷わずに依頼をしました。結果は正解でした。
任意売却の説明も簡潔でありながら、経験が豊富な事が良く判りました。
応対いただいた営業は、実際には会社の代表者様であり、ビックリしました。
親切に、丁寧にご説明をいただきました。
任意売却中も、債権者と私たちが話をする事はほとんどありませんでした。
センチュリー21広宣が債権者との話は全てしてくれました。
売却も順調にすすみ、買手様もすんなりと決まりました。
任意売却とは言っても、一般の売却と全く同じ方法で売却されましたので、
私たちが任意売却をしているという事は、ママ友にも気が付かれる事はありませんでした。

任意売却が終わってからの、残債に対しての分割弁済についての交渉に関しては、
センチュリー21広宣さんから、話し方から交渉の仕方までレクチャーを受けましたので、
こちらの要望通りの金額で抑える事もできました。

何から何までセンチュリー21広宣には、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。