任意売却とは?メリットとデメリット【センチュリー21の任意売却無料相談】

CENTURY21 センチュリー21広宣
任意売却.com  無料相談受付
0120-87-3303 電話受付:年中無休 9:00〜22:00

お客様事例

HOME | お客様事例 | お客様事例37−40

お客様事例

事例37:給与が激減。離婚に。住宅ローンの支払いが困難に。

<神奈川県在住 50歳台 男性>

不景気もあり、給与が激減しました。
夫婦仲は良い方ではありませんでしたが、給与の減額があってからは、
ぎこちない感じ、口論も絶えず、冷え冷えとした関係になってしまった。
原因は、給与の減額だけではないのだろうが、引き金になった事は確かだと思う。
そうこうするうちに、離婚をする事に。妻はマンションから出ていきました。
全ての電化製品と共に、家を出ていきました。
残されたのは、キッチンとトイレと浴室と廊下の電球のみ。
テレビもエアコンも、洗濯機も電子ジャー、レンジ、室内電灯と全てを持って出ていきました。
妻との共働きでローンは返済をしてましたので、私一人の給与では、
住宅ローン、管理費、修繕積立金をとても払えるものではありません。
知人から、滞納があっても任意売却で販売できることを聞きました。
その知人は、更に業者まで調べてくれ、センチュリー21広宣を紹介してくれました。
持つべきものは、友だなと実感しました。
紹介していただいた、センチュリー21広宣の担当の方は、任意売却を熟知しているようでした。
あらゆる状況を想定して、その際はどうなるのか? 任意売却のメリット、デメリットとは。
任意売却の流れ、任意売却後の分割弁済の交渉の仕方、返済額の平均等々
を丁寧に説明いただきました。
妻との離婚で落ち込んでいた自分を励ましてもくれました。
任意売却も買手のめどが立つ頃には、私も随分と元気になってきました。
センチュリー21広宣さんに、任意売却は誰でもかかる風邪と同じです。
誰でもかかりますから、気にしないでくださいと言われて、心が楽になりました。
人生、前向きにも考えられるようになりました。

センチュリー21広宣さん、ありがとうございます。

事例38:リストラ、うつ病、離婚の危機が・・・・

<神奈川県在住 50歳台 ご夫婦>

リストラの対象となり、希望退職の人員に入れられました。
会社からは、早期退職をした場合の優遇についての説明会に参加せよと言われ、
言われるがままに参加、承諾をしてしまいました。
自分は、精神的に弱く、うつ病の症状を出る事もありましたので、
会社からの退職要請を断ることもできずに承諾してしまったのです。
説明会に出てからは、うつ病の症状が特に悪化してきて、会社も欠勤が多くなりました。
子供の成長と共に、教育費と生活費と支出は増える一方。
しかし、収入は再就職先はあっせんしてもらったものの、給与が激減。 どうする事もできず、住宅ローンの滞納が始まりました。
管理費や修繕積立金も支払いが困難になり、マンションに理事からは支払ってくださいとの
催促をされるようになりました。
八方ふさがりの状況の中、妻からは離婚をしたいと言われました。
うつ病でダメージを受けている中での妻からの申し出に一時は自殺を考えた事もありました。
そんな時、インターネットで検索する中で、センチュリー21広宣さんの
任意売却のホームページに出会いました。
お客様の成功例を読んでみると、自分と似た境遇の方が沢山いる事に、変な安心感を覚えたものです。

センチュリー21広宣の担当の方から、任意売却の説明を受け、納得の上で依頼する事もできました。
医師との相談の結果、ストレスを感じない状況に身を置く事が一番との結論にいたり、
九州の実家へ一旦戻る事にしたのです。
その間も任意売却は、着々とセンチュリー21広宣さんが進めてくれてまして、
気が付けば、買手が見つかり引っ越しができる状況までたどりつきました。

この任意売却を通して、センチュリー21広宣の担当の方は、妻を励ましてくれました。
任意売却の買手が見つかった頃には、離婚の申し出を撤回、一緒に九州の実家へ戻るという事を
認めてくれたのでした。
無事に任意売却ができたこと、妻が離婚を撤回してくれた事。
センチュリー21広宣のおかげだと思ってます。

本当にありがとうございました。

 

事例39:リストラで職を失う。住宅ローンの支払いが困難になった。

<茨城県在住 50歳台 ご夫婦>

リストラの対象となりました。
しばらくは、失業保険で暮らしていました。
職を探しても、年齢のせいか一向に決まる気配がありません。
保険の出ている間は、住宅ローンも支払ってましたが、保険が切れた時には、
子供の教育費を優先に考えたので、住宅ローンを滞納する事を選択しました。
住宅は失っても良いとの家族会議の結果でした。
滞納が始まってから、センチュリー21広宣さんに相談をしました。
インターネットで任意売却について調べ、数社に電話をしました。
その中で、センチュリー21広宣さんが、足利信用保証との取引があると知り、
センチュリー21広宣さんにお願いする事にきめました。
足利信用保証との取引をしたこともあり、具体的に事例についてご説明をいただけました。
経験が豊富な事、私たちお客様ファーストの考えをお持ちだという事が決めて理由です。
いざ、任意売却が始まると、債権者とのお話しは全てセンチュリー21広宣さんがやってくれました。
任意売却もスムーズに進める事ができ、新たな生活をスタートする事ができました。
センチュリー21広宣さん、ありがとうございます。

事例40:カードでの負債が家計を圧迫。住宅ローンの支払いが困難になった。

<埼玉県在住 40歳台 ご夫婦>

 カードを利用して買い物する事が、ストレスの解消法でした。
気が付くと、カードの買い物の支払いで給与お大半が消えるようになりました。
返済しても返済しても、減らない元金。
住宅ローンの返済がひと月遅れになる事がありました。
その翌月には、キャッシングで住宅ローンの返済をしました。
これが、大きな間違いだったと後で気が付きました。
返済額は更に膨らみ、翌月もその翌月も、住宅ローンを滞納してしまいました。
債権者からの電話も頻繁にかかってきてましたが、無視をしてました。
インターネットでセンチュリー21広宣さんを知りました。
住宅ローン返済のためのキャッシングは絶対してはいけないこと。
債権者からの連絡は絶対に無視はしてはいけない事を教えていただきました。
センチュリー21広宣のホームページに、他社へもご相談くださいと書いてありました。
何故とは思いましたが、実際に電話で他業者に問いあわせしてみると、その理由が良く判りました。
もちろん、任意売却はセンチュリー21広宣に依頼をしました。
債権者のSMBC債権回収との実績もあるという事で、安心してお任せができました。
任意売却もでき、新たなスタートをする事もできました。
また、他の債務については、弁護士へ相談する事も視野にいれて、生活を見直していきたいです。
センチュリー21広宣に感謝、感謝です。