任意売却とは?メリットとデメリット【センチュリー21の任意売却無料相談】

CENTURY21 センチュリー21広宣
任意売却.com  無料相談受付
0120-87-3303 電話受付:年中無休 9:00〜22:00

お客様事例

HOME | お客様事例 | お客様事例61−64

お客様事例

事例61:自分名義の戸建住宅、自分名義のローン、父と弟が住んでいたが・・・

<福島県在住 40歳代 ご夫婦>

福島県に在住。
会社員として働いている。
自分名義の戸建住宅を購入。購入の際は、自分名義のローンで購入した。
自分は、賃貸住宅に家族、子供と同居している。
購入した家には、親父、お袋と弟夫婦が居住していた。
家賃を取らない代わりに、住宅ローンの返済を親父と弟の2人でしていた。
今年初め、父が脳梗塞で倒れた。それを機に、痴呆症の症状が悪化した。
親父も、脳梗塞になるまでは、しっかりと働いてローンの返済をしてくれていた。
脳梗塞により、仕事をやめなくてはならなくなった。
弟の収入だけでは、住宅ローンの支払いは、とても厳しく、滞納が始まってしまった。
自分の給与は、家賃と家族の生活費で精一杯の状況で、滞納を止める事はできなかった。
インターネットで調べると、任意売却という方法がある事がわかった。
しかし、任意売却の宣伝をしている業者は、どれも怪しい感じがした。
何を基準に信用してよいか判断が付かなかった。
その中で、街中でよく目にする、センチュリー21の加盟店の広宣という会社が、
日本全国、エリアも関係なく、やっている事もあり、相談をしました。
電話での相談でしたが、非常に簡潔で、判りやすい説明をいただきました。
センチュリー21広宣さんに、任意売却の依頼をする事に決めました。
福島でしたが、東京から担当の方が来てくれました。
契約、引き渡しを無事に進みまして、弟夫婦も賃貸への引っ越しができました。

住宅ローンの滞納で、一時はどうなる事か?と心配でしたが、
全て無事に終える事ができました。

センチュリー21広宣さんには、感謝、感謝です。
ありがとうございました。

事例62:マンションの管理費の滞納で差押、競売に。

<神奈川県在住 50歳台 独身>

神奈川県に在住。独身です。
ガードマンをやってます。
マンションのローンは終わってます。
では、なんで任意売却になったかと言いますと・・・・
40台の後半で、勤めていいた会社が倒産しました。
職を探すにも、年齢が50歳台では、ロクな仕事がなく、そうこうする内に、
持病の腰痛が悪化しました。
働かなければならず、日雇いのガードマンの仕事に就きました。
立ちっぱなしの仕事でかなりハードなうえ、腰痛持ち。
働いては休み、休んでは働きを繰り返してました。
当然、収入は低く、生活がやっとの状態です。
ガードマンになって、10年位になりますが、生活がギリギリでしたので、 マンションの管理費、修繕積立金の滞納が始まりました。
当初、管理組合から請求があった時に、一時的に支払いをしてましたが、
そのうちに、請求がきても無視をするようになりました。
支払いが止まり、しばらく経過したときに、管理組合の代理人からの通知が来ていたようです。
あまり気にもせず、最近は何も言って来ないなと考えていました。
管理費、修繕積立金とそれに伴う、遅延損害金の合計額が8年間で400万を超えていました。
そんなある日、競売開始決定通知なる書類が届きました。
よく読んでみると、管理組合の代理人の弁護士名が原告となり訴えを起こしてました。
ほどなく、固定資産税の滞納もしていたので、参加差押が付きました。
困り果てた私は、知人に助けを求めました。
インターネットが発達、スマホが普及している中で、私は未だにガラケーです。
知人がネットで色々と調べてくれて、センチュリー21広宣さんにたどり着きました。
センチュリー21広宣さんは、この手の任意売却を得意としているようで、話しが早かったです。



管理組合との話し合いは、代理人の弁護士と。
固定資産税の滞納分については、市役所の職員と。
それぞれ、センチュリー21広宣さんが交渉にあたってくれました。

競売は止める事ができませんので、時間との勝負でもありました。

時間的に制約のある中、センチュリー21広宣さんが尽力してくれたおかげで、
買手が見つかりました。
管理が悪い私は、権利証も紛失してました。
司法書士に依頼をすると10万程かかると言われましたが、経費を削減したいというと、
公証役場で公証人の面前の元、行う手続きを進めてくれました。
内容は、簡単で司法書士に対する登記申請委任状に署名、捺印する作業を
公証人の面前で行い、公証人から「売主が面前で署名、捺印した」という
認証文をつけてもらうとい事で権利証の代わりになる制度です。

費用も、司法書士に依頼する1/10位で済みました。

競売の入札が行われる3週間前には、物件の引き渡しができ、競売を避ける事ができました。
また、管理費、修繕費と固定資産税を支払っても、手元にお金を残す事もできました。
本当にセンチュリー21広宣さんには感謝してもしきれません。
ありがとうございました。

事例63:ボーナス併用払いのツケが・・・・・

<千葉県在住 40歳台 ご夫婦>

千葉県在住。会社員です。
勤め先の会社は、以前は業績も良く、残業を多く、しかも賞与も充分に支給されてました。
数年前より業績が傾きはじめて、賞与が減額となる事が多くなった。
前年を上回ることはなくなりました。
昨年末は、ボーナスがほとんど支給されない事態となりました。
住宅ローンの返済で、ボーナス併用を利用していた私は、ボーナス時加算として、
25万円を2回の年間で、50万をボーナス分として返済してました。
しかし、25万どころか、10万を切るボーナスでは返済はできませんでした。
毎月の支払は、滞ることなく払ってましたので、問題と思わず過ごしてました。
3~4か月が経過したころ、債権者から督促状なるものが届きビックリしました。
滞納している額と金利を一括して支払いなさいという事でしたが、ボーナス分の
25万を支払える訳もなく、またあと2か月で次のボーナス払いが来る現実。
ボーナス分の返済は一括では払えず、次のボーナスも支払いが無理そうでした。
インターネットでいろいろと調べる中で、センチュリー21広宣さんのHPに出会いました。
任意売却を年間100件近く行っており、池袋で自社ビルで30年営業中。
担当の方から、任意売却の説明を受けましたが、判りやすい説明でした。
センチュリー21広宣さんを信頼してお任せしました。
おかげ様で、任意売却を進める事ができました。
債権者との交渉においても、全てセンチュリー21広宣さんが行ってくれましたので、
私たちは、案内時に自宅で立ち合い、契約に立ち合い、引っ越し、決済に立ち合い。 特に任意売却という事を意識することなく、ストレスなく売却を進められました。

残った残債についても、無理のない範囲で分割弁済協議がまとまりました。
本当にありがとうございました。

事例64:会社業績が傾き、残業がなくなり、給与激減・・・・

<愛知県在住 50歳台 女性 >

愛知県に在住。
会社員です。
中小企業に25年間勤めています。
女手一つで2人の子供達を育て、家もローンですが購入できました。 1人はすで家を出ています。
しかし、ここ数年間は、会社の業績が思わしくなく、残業が極端に減りました。
給与も全盛期に比べると、3割減位の感覚でした。
若干でも無理をしつつ、住宅ローンは支払いをしてきました。

残業が減ってからは、2人目の子供にも住宅ローンの一部を負担してもらっていました。
良く考えてみましたが、子供は娘でいずれは嫁ぐでしょう。
この家を出ていく事になる娘に、自分の見栄の為か、せっかく手にいれた家を
手放したくないという固執からか、これ以上、縛りつける事はできないなと感じました。
住宅ローンの返済を断念しました。

子供達も皆、立派に育ってくれて、家にこだわっていた自分を解放してみると、
これは、これで、幸せな人生だと感じられました。

問題は、売却しても残債が完済できない事でした。
インターネットで検索してみると、任意売却のページにたどり着きました。

センチュリー21広宣さんの相談コーナーで電話でお話しをしました。
東京の業者さんですが、愛知県も問題なくできるという事でしたので、
お任せする事にしました。
実は、家を購入する際も地元のセンチュリー21さんにお世話になったので、
これも何かの縁かなとの思いでした。

任意売却については、メリット、デメリットをしっかり説明をいただきました。
任意売却は、全て安心してセンチュリー21広宣さんにお任せしました。
売却は順調に進みました。
契約をしたときは、さすがに落ち込みましたが、
賃貸への引っ越しをして、荷物がなくなった家を掃除しながら、
楽しい思い出ばかりではなかったですが、ありがとうという気持ちで雑巾がけをしました。
これからも、前向きに頑張っていきます。
センチュリー21広宣さんにお任せしてよかったです。