任意売却のメリットとデメリット|任意売却の無料相談はセンチュリー21へ!

CENTURY21 センチュリー21広宣
任意売却.com 無料相談受付
0120-87-3303 電話受付:年中無休 9:00〜22:00
CENTURY21 センチュリー21広宣
任意売却.com  無料相談受付
0120-87-3303 電話受付:年中無休 9:00〜22:00

お客様事例

HOME | お客様事例 | お客様事例9−12

お客様事例

事例9:会社の倒産。住宅ローンの返済が困難になったケース

<東京都在住 30歳台 ご夫婦>

会社が倒産をした。 倒産をするまでの最後の数か月間は、給与が遅配していた。 給与は、倒産後3か月ほどして支給されたが、給与の遅配があった期間、 住宅ローンの支払いができない状況が続いた。 倒産した時は、全く先が見えず、不安の毎日でした。 センチュリー21広宣さんのホームページに出会い、ローンの滞納があって、
残債が完済できない状況であったとしても、任意売却という方法があることを知りました。

債権者との交渉においても、全てセンチュリー21広宣に任せる事ができ、
ストレスを軽減する事ができました。

何故、数多くある任意売却の業者から、センチュリー21広宣に決めたか?
それは、スタッフの対応が債権者側ではなく、私たちの方を向いていてくれたからです。
任意売却をするまでは、滞納がスタートしてから、7か月程かかりました。
その間も、債権者からの督促状、催告書などの法律用語がならんだ通知が届きました。
その都度、センチュリー21広宣に報告をしてどういう書類なのか?の説明をしていただけました。
ローンを払わない状態で住んでいる事に罪悪感を感じる事もありましたが、
センチュリー21広宣に、このステップを踏まないと任意売却ができませんからと
説明を受けて、安心をして住まう事もできました。
売却がスタートしてからも、インターネットには、任意売却という文字は一切出ずに、
一般の売却と変わらない方法で売却できた事も、ストレスを感じずにできた大きな理由です。
売却も順調に進み、引っ越しもでき、任意売却後の分割弁済協議も無事に終わり、
新たに生活をスタートすることができました。
全て、センチュリー21広宣のおかげと感謝しております。
本当に、ありがとうございました。




 
 

事例10:医者からうつ病と診断され会社を欠勤。住宅ローンの返済が困難となったケース

<神奈川県在住 40歳台 ご夫婦>

主人の体調の異変に気付いた時は、うつ病が相当進行していました。
度々、会社を欠勤するようになりました。 最初は、風邪かなという症状であまり気にもとめずにいました。
1か月に2回程度の欠勤でしたが、日がたつにつれて、段々と欠勤の日数も増えました。
そうこうする内に、1週間の欠勤。自宅の部屋からも出れない状況となりました。
この時に、内科ではなく、診療内科へ行く事を知人に勧められ行きました。
軽度ですが、うつ病との診断が出ました。
病状は、良くなるどころか悪化しました。
会社は長期欠勤となり、住宅ローンの返済に困るようになりました。
不安でいっぱいの毎日でしたが、子供の事を考えた時に、何とかしなければと思いました。
インターネットで調べて、センチュリー21広宣さんのページを見ました。
同じようなうつ病の方の、任意売却の実績もあり、センチュリー21の加盟店でしたし、
親身になり、自分達家族の事を真剣に考えてくれる姿勢に接し、センチュリー21に依頼しようと思いました。
子供がまだ小学校に通っていたため、競売だけはどうしても避けたいと思ってまhした。
センチュリー21さんからは、競売は回避できますよとお聞きして、安心しました。
任意売却も無事に進み、小学校の学区域の中でお引越しする事もできました。
センチュリー21広宣さんには、感謝の言葉しかありません。
ありがとうございました。
任意売却後、引っ越しをした後ですが、主人のうつ病も若干ではありますが、回復に向かっております。
環境が変わった事が良かったのかなと感じてます。
合わせて、御礼を申し上げます。

事例11:上場会社勤務18年。子供の教育費により住宅ローンの返済が困難になったケース

<千葉県在住 40歳台 ご夫婦>

上場会社に18年間勤務しております。
社会的には裕福な過程と見られが・・・・・・
数年前より、残業が極端に少なくなり、ボーナスも前年比で2割程度下がる事も。 子供が2人。1人は高校2年生。1人は大学1年生。
大学1年の子供が高校2年くらいから、進学塾の費用が増えるようになった。
夏季講習、春季講習、補習。模擬テストや、一時的には家庭教師も必要となった時期もあった。
受験は志望校へ進学できる事になったが、受験に要した費用と入学金、
学費の前払いは、かなり家計を圧迫していました。
そして、2番目の子供高校2年になり、同じ課程と費用がかかる事を考えると・・・
夫婦で話し合った結果、住宅ローンの支払いよりも子供の教育を優先する事にしました。
夫婦共に、住宅を維持する事だけが、家族の幸せではないと考えた結果の決断でした。
そんな中で、インターネットでセンチュリー21広宣さんのホームページを拝見しました。
直ぐに相談をさせていただきました。
何度も相談をする中で、任意売却という選択が現在我々が取れる、最良の方法であると理解しました。
任意売却も無事に終える事ができ、分割弁済協議で無理のない返済を設定できまhした。
子供の教育を最優先にしてよかったと判断してます。

センチュリー21広宣さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

事例12:会社の業績不振により給与が激減。住宅ローンの返済が困難になったケース

<東京都在住 40歳台 ご夫婦>

長年、勤めてきた会社が業績悪化のため、社員の給与を激減する事に。
退職という事も考えましたが、年齢が若くなく、再就職の道は困難でした。
家族と相談の結果、給与は激減となるが継続して勤務をすることに。
しかしながら、想像していた以上に、お金のやりくりが厳しくなり、
日々の生活をすることがやっとでした。
そうこうするうちに、住宅ローン、管理費、修繕積立金を支払う事が難しくなりました。
住宅を売却しても、住宅ローンの残債を完済することは到底できないので、
売却を諦め、競売をするしかないかなと考えていた矢先、センチュリー21広宣さんのホームページと出会いました。
住宅ローンの返済が滞っても、管理費、修繕積立金を滞納していても、
任意売却という選択方法があり、競売をせず解決できる事を知りました。
任意売却という選択方法は、私たち家族にとっては、最良の方法であったと思い餡す。
残債の返済についても、生活に無理のない返済(月額5000円という思いがけない金額)に設定でき、不安のない生活が送れています。
本当にありがとうございました。