任意売却のメリットとデメリット|任意売却の無料相談はセンチュリー21へ!

CENTURY21 センチュリー21広宣
任意売却.com 無料相談受付
0120-87-3303 電話受付:年中無休 9:00〜22:00
CENTURY21 センチュリー21広宣
任意売却.com  無料相談受付
0120-87-3303 電話受付:年中無休 9:00〜22:00

お客様事例

HOME | お客様事例 | お客様事例5−8

お客様事例

事例5:リストラにより住宅ローンの返済が困難になったケース

<神奈川県在住 男性 独身>

リストラで給与が激減。 転職先では、以前に比べて給与は4割ほど低くなりました。
それでも、働き口があるだけでも感謝してます。


 
給与が減ったからと言って、光熱費や食費を削る訳にもいかず。
優先順位で支払いをしていくと、住宅ローンが最後になり、結果として、
住宅ローンの滞納という形になりました。

当初は、住宅ローンの残債が完済できないという事もあって、売却は無理と諦めていました。
しかし、ネットで調べてみると、住宅ローンの滞納がある場合は、
ローンの残債よりも低い金額での売却でも、抵当権の抹消をしてくれるという任意売却があることを知りました。
早速、ネットで検索して、一番安心できる業者に頼む事にしました。
ホームーページを読んでも信頼できそうでしたし、面談をしてさらに安心。
スタッフの方の知識の豊富さにも安心させられました。
センチュリー21広宣さんに頼んで、無地に任意売却することができました。


残った残債の分割弁済協議もうまくいき、今では生活にも若干余裕が持てるようになりました。
 
センチュリー21さんには、感謝しかございません。
どうもありがとうございました。



 
 

事例6:多重債務により借金が膨らんで、住宅ローンの返済が困難になったケース

<東京都在住 女性 独身>

仕事のストレスからか、買い物をすることで、ストレス解消をするようになりました。
気が付けば、カードでの買物を繰り返して、カードの金額ギリギリまで使い、 また、別なカードを作り買物をしての繰り返し。
給与の大半は、カードの支払いで消えるようになりました。
住宅ローンの支払いが厳しくなり、滞納が3か月になった時に、債権者から通知がきました。
任意売却を望むのであれば競売より高い金額で売却できるでしょうと言われました。
インターネットで任意売却について調べて、センチュリー21広宣さんにたどり着きました。
「任意売却で解決できますよ。」と担当の方からお聞きしたときには、正直ほっとしました。
順調に任意売却もすすみまして、住宅は決着がつきました。
カードの返済は弁護士の先生に依頼をして圧縮をしていただきました。
リセットをかける事ができましたので、これからは、しっかりと生きていきます。

センチュリー21広宣さんには大変に感謝しております。

事例7:定年後嘱託社員となったが、給与が激減。住宅ローンの返済が困難に。

<東京都在住 60歳台 ご夫婦>

定年後に嘱託社員になりました。 今までの給与からは、激減でしたが、働けるだけでも感謝です。
生活は正直、厳しいかったです。
間取りの広いマンションでしたので、管理費、修繕積立金、駐車場代だけでも6万弱。
妻が足を悪くしているので、車を手放す事もできず。
生活費を切り詰めて、住宅ローンを支払っていましたが、生活を圧迫してました。
孫が遊びにきても、遊びにも連れていってやれず。
おもちゃすら買ってあげられない状況でした。
そんな時に、友人から任意売却をした経験を聞かされた事を思い出して、その友人と連絡を取りました。
その友人が任意売却をした業者を紹介してもらい、相談。
その結果、任意売却をして生活を立て直す事ができました。

住宅を手放す事に、未練がなかった訳ではありませんが、売却をしてみると、
住宅ローンに縛られて、生活に全く余裕がなかった事に気づかされました。

センチュリー21広宣さんには、大変にお世話になりました。

どうもありがとうございます。

事例8:残業がなくなり収入が減った。住宅ローンの返済が困難になったケース

<神奈川県在住 40歳台 ご夫婦>

会社の業績悪化から、残業が削られ、その結果として収入が減ってしまった。 残業が当たり前の会社だったので、残業の給与で住宅ローンの返済をする計算をたてていたことが、
そもそも間違いだったと気づかされました。

一度慣れてしまった生活を、切り詰めてやっていく事は、大変に難しいと思います。
住宅ローンを優先し、マンションの管理費、修繕積立金もキッチリと払い、
固定資産税を滞納するようになりました。
固定資産税の延滞金は利率が高く、かなりの額になってましたが、放っておきました。
これが、大きな間違いだと気づいた時には、すでに時遅しの状態でした。

住宅ローン返済をするために、キャッシング枠も限度額まで借入を起こしてました。
センチュリー21さんに相談をした際に、やってはいけない事として、
1.税金の滞納
2.キャッシングの借り入れでローンの返済
の2点を言われました。
 
何故なら、税金の滞納は、仮に自己破産をしても消えないで支払い終わるまで延滞金が付いて回るから。
キャッシングも同じく、任意売却後も払わなければならないから。
相談をして、即、任意売却の依頼をさせていただきました。
 
その後は、住宅ローンの返済を止め、管理費、修繕積立金も支払いを止めて、
任意売却を進めました。
住宅ローンと管理費に払っていたお金をまず、キャッシングの返済に回しました。
5か月でキャッシングを完済することができました。
固定資産税は、分割で払っていましたが、キャッシングの完済と同時に固定資産税の返済も始めました。
任意売却は、順調に進みまして、賃貸へ引っ越しをする時には、固定資産税もほぼ支払いを終える事ができていました。


センチュリー21広宣さんのアドバイスのおかげです。

本当にありがとうございました。