【センチュリー21の任意売却無料相談】任意売却のメリットとデメリット?

任意売却.com  無料相談受付

お客様事例

HOME | お客様事例 | お客様事例53−56

お客様事例

事例53:子供が5人。教育費が家計を圧迫して、任意売却へ。

<奈良県在住 50歳代 7人家族>

奈良県に在住。家族7人。 我が家の自慢は、子だくさん。
みんな優しく思いやりのある子達です。
一番上は、専門学校を卒業して働き始めて自立してます。
2番目が専門学校入学直前。
3番目が高校2年生
4番目が中学3年生
5番目が小学校6年生
上が卒業してくれたので、だいぶ助かってはいるが、2番目の専門学校の入学費や
授業料を考え、3番目、4番目の進学を考慮すると、住宅ローンを支払いながら、
子供達を育てる事が無理という結論に達した。
知人から聞いた、任意売却についてネットで詳しく調べました。
会社を選ぶ基準は、まずしっかりした会社である事。
経験が豊富である事。
担当の営業がシッカリしている事。
で調べていくと、センチュリー21広宣さんにたどり着きました。
担当の方が、東京から来てくれて面談もできました。
遠路申し訳なかったですが、担当の方は、月に1回程度は、関西方面に来るとの事で、
親切で、丁寧で、気さくな方で、とても話し易かったです。
具体的に任意売却についてお聞きするとその経験の豊富さに驚きました。
また、説明が判りやすく理路整然とお話しいただき安心しました。
何より、家族の笑顔と健康のために任意売却をやらせていただきますと言っていただけた時は、
正直、涙をこぼれてきました。
住宅ローンの滞納、督促、期限の利益喪失、サービサーの決定、センチュリー21さんの査定、
価格の決定、売却開始、内覧、申込、契約、引っ越し、決済、引き渡し。
と全てが、ほぼ予定通りに進みました。
それも、これもセンチュリー21広宣さんに出会えたからと感謝してます。
2番目の入学を目前に控えて、妻の実家へ家族全員が入れる事にもなりました。
いろいろな条件が重なり、また、大変な任意売却だったと思いますが、
全て順調に進む事ができまして、本当に感謝しております。
センチュリー21さんに感謝です。

事例54:家庭内暴力が原因で離婚。任意売却に。

<新潟県在住 50歳台 女性・母とお嬢さん>

新潟県に在住。
20年勤務をしている会社員です。
平凡な結婚生活、子供にも恵まれ幸せでした。
元夫の父と母が、2年前に続けてなくなりました。
その時の夫の落ち込み方は、かなり酷いものでした。
実の親が続けて亡くなったのだからと心配をしてました。
それを機に、お酒の量が増えていきました。
最初は気が付かなかったのですが、外で飲んだ時は、同僚達といつも喧嘩に近い
状態になっていたとの事でした。
結果、同僚からは仲間はずれ的に、職場でも孤独になっていったようです。
外ではお酒を飲まないでと話したところ、納得してくれた夫は、家で飲むようになりました。
これが、そもそも地獄の始まりだったのです。
家での飲酒量も日増しに増えていきました。飲みだすと愚痴と文句が止まらなくなりました。
最初は、相槌を打っていましたが、次期に相槌を打つと逆ギレされるようになったので、
相槌も打たなくなりました。
その頃からです。夫の暴力が始まったのは。
段々とひどくなり、行政の相談窓口へも行きましたが、何かしてくれる事はありませんでした。
結局は、弁護士の先生に相談。離婚の話を進めてもらい無事に離婚をする事ができました。
さて、現実問題として住宅ローンの返済がのしかかってきました。
マンションの名義も、ローンの名義も私で組んでいたからです。
夫は、いわゆる金銭にだらしない部分があり、信用情報でブラックだったこともあり、
住宅ローンが組めなかったのです。
離婚前は、元夫の稼ぎもそこそこにあり、生活には困りませんでした。
ところが、いざ一人の稼ぎとなると生活と住宅ローンの支払いには、無理がありました。
住宅ローンの滞納、管理費、修繕積立金の滞納が発生しました。
固定資産税の支払いが厳しい状況になった時には、流石にこのままでは無理だなと
観念をしました。
そんな時です。インターネットで、センチュリー21広宣さんのホームページを見ました。
メールで問い合わせをすると、丁寧なとても判りやすい返事が返ってきました。
その後、電話で任意売却についての流れ、メリット、デメリット、競売との違いについて、
丁寧に説明をしていただけました。話を聞いて、とても安心しました。
東京から新潟まで、面談にきていただけまして、任意売却をお任せする事にしました。
最初、任意売却の話をお聞きしたときは、だまされていると思いました。
しかし、センチュリー21の山岸さんの説明通りに、任意売却にかかる費用は、
全て債権者が捻出をしてくれました。
管理費と修繕積立金の滞納も出してくれたのです。
本当に、任意売却ができて良かったと思いました。
残債が残り、売るに売れずにいた私たちにとっては、救われた思いです。
遠方にも関わらず、一生懸命に動いていただいたセンチュリー21の山岸さんには、
感謝しかございません。
本当にありがとうございました。
丁寧にご対応いただいた事もそうですが、何より私たち親子が笑顔と健康であるようにと、
いつも激励をいただけた事は、忘れる事ができません。

事例55:子供の教育費増。住宅ローンの滞納。

<茨城県在住 50歳台 夫婦と子供2人>

茨城県に在住。夫婦と子供2人。
会社員としてリフォームの営業をしております。
会社も順調で、仕事も順調なのですが、子供の教育費が問題です。
営業という事もあり、給与が毎年コンスタントに上がる訳ではありません。
その時々の成績で、給与が左右されます。
子供達が小学校までは何とか安定した生活を送れてきました。
上の子供が中学に入り、塾、部活といろいろとお金がかkるようになってくると
家計も段々ときつくなってきました。
でも、妻がが何とかやり繰りしながら、上手くやってくれていたのです。
下の子が、中学へ進学、上の子が高校へと進む頃には、家計はかなり厳しく、
色々と生活面で切り詰めをしなければならない状況となりました。
私の小遣いも減りました。タバコは止める事にしました。外で飲む回数を減らしました。
ビールを発泡酒に切り替えました。
上の子が専門学校にあがる頃には、貯蓄を切り崩してやり繰りしてました。
せっかく手に入れたマイホームだけはと必死でした。
本当は、職場で禁止されているアルバイトを週末だけですが行ったりしました。
その後、貯蓄を使いきり、私は体を壊し、バイトもできなくなりました。
住宅ローンが1ヵ月遅れるようになりました。遅れて払える事も出来なくなり、滞納が始まりました。
残高がかなり残っており、売るにも売れない状況でしたので頑張るしかないと思っていました。
そんな時に、インターネットで任意売却を知りました。
いろいろと勉強もして何社かに電話もしました。
ホームページでは、関東は対応エリアと書いてあっても、茨城県となると対応外ですと、
全ての業者に断られました。
そんな中、エリアに関係なくどこでも対応とのセンチュリー21広宣さんのホームページに
出会いました。
田舎町で小さい町ですし、競売だけはどうしても避けたいとセンチュリー21さんに電話。
結果は、センチュリー21さんは快く任意売却を引き受けてくれました。
他の業者では聞く事ができなかった足利信用保証の任意売却について、沢山の情報も聞けました。
本当に安心をしてお任せする事ができました。
親切、丁寧にご対応いただき、何よりも私と私の家族を気遣ってくれた事に感謝します。
任意売却もセンチュリー21さんのおかげで無事に終える事ができました。
第二の人生のスタートが切れました。
子供の教育を諦める事なく、希望通りのコースを歩ませる事もできました。
妻の実家からのサポートもあり、実家に一緒に住まわせていただける事になり、
感謝をしております。
一時は、何もかも諦めかけましたが、センチュリー21さんにお任せして良かったです。
本当に、本当にありがとうございました。

事例56:妻の病気。子供の教育費増。給与減。

<群馬県在住 60歳台 家族5名>

群馬県に在住。家族5名 東日本大震災依頼、会社の業績が著しく悪くなりました。
給与やボーナスが減額という形で生活に重くのしかかってきました。
共働きで家計を助けてくれていた妻が、体調を崩して、働けなくなりました。
住宅ローンの返済にも影響が出るようになってきましたが、預金を崩しながら返済してました。
子供が3名。上は大学生。高校と中学生の子供を抱える中で、教育費が一番の比重を占めてます。
家族会議を何度も行いました。
大学の子は、大学を中退して、自分が働くと言ってくれました。
高校の子は、定時制への転向を考えるとも言ってくれました。
中学の子は、バイトをすると言ってくれました。
正直、涙が出るほどうれしく思いました。
みんな、優しい子に育ってくれて安心しました。
妻との相談の結果、教育第一という結論に至りました。
自分が高校卒業で、社会に出てからいやな思い、悔しい思いをしたので、せめて子供達には、
同じような思いはさせたくないという事で結論にいたりました。
住宅ローンの滞納は必然的に起こりました。
銀行からの連絡に戸惑いながら、インターネットで検索。
センチュリー21広宣さんのホームぺージに出会いました。
成功事例をくまなく読みました。
エリアに関係なくやってくださるという事にもホットしました。
また、池袋で自社ビルで長く経営されている事にも安心しました。
テレビのコマーシャルでも馴染みのある、センチュリー21に加盟している事も安心材料でした。
電話で相談したときに、簡潔、明瞭に、判りやすく説明をしていただけました。
豊富な経験に基づく実例を、生の声で聞けて、センチュリー21さんに依頼を決めました。
任意売却が進む中、時には不安になる事もありました。
その都度、センチュリー21の担当の方が励ましてくれて、任意売却を進められました。
結果、任意売却はスムースに進みました。
特に問題もなく、センチュリー21の担当の方にお任せて進めさせていただきました。
子供の教育を最優先に考えた結果、家を失いましたが、
子供という我々の宝の明るい未来に期待を寄せつつ、家族で第2のスタートができました。
東京から遠い中、遠方にも関わらす骨を折っていただいた事に感謝してます。
本当にありがとうございました。