【センチュリー21の任意売却無料相談】任意売却のメリットとデメリット?

任意売却.com  無料相談受付

お客様事例

HOME | お客様事例 | お客様事例13−16

お客様事例

事例13:仕事を転職、給与が減った為、住宅ローンの返済が困難になったケース

<埼玉県在住 男性 30歳台 独身>

前の会社の業績不振。リストラ。退職せざるを得ない状況でした。
いざ、転職をしてみると給与は、前職に比べて、減少しました。
とても、住宅ローンを支払い続ける事はできないと思いました。
特に持ち家に対しての固執もなかったので、売却する事としました。
売却代金だけでは、残債の返済ができませんでした。
そんな時に、友人から任意売却という方法があること。 任意売却の業者で信頼できるからと、センチュリー21広宣さんの紹介を受けました。
こんな自分でも任意売却という方法で解決できることを知りました。
センチュリー21広宣さんのスタッフの方の説明は丁寧でした。
それだけでなく、経験が豊富で色々な事例と共に、判り訳す任意売却の説明をいただけました。
メリットとデメリットについても、しっかりと説明をしてくれました。
任意売却に不安なく望めましたし、債権者との交渉も全てお任せできました。

無事に任意売却を進める事ができたのも、センチュリー21広宣さんのおかげです。
本当に、ありがとうおございました。

事例14:定年退職後の収入が激減。年金暮らしで、住宅ローンの返済が困難に

<埼玉県在住 60歳台後半 ご夫婦>

定年退職を迎え、再就職の口を探しました。
働ける所は本当に限られていました。 工事現場の誘導員、警備会社、工場でのシフト制深夜勤務、街路樹の伐採の掃除業務等々
採用となった所は、警備会社の深夜勤務のアルバイトでした。
毎日、アルバイトがある訳ではありません。
週に何日かというシフトでした。
妻も仕事をしてましたが、体調を崩して働く事ができなくなりました。
当初は、退職金を期待してましたが、期待通りの金額ではありませんでした。
年金だけではとても足りず、アルバイトを始めましたが、それも満足の金額には程遠く。
老後の為の退職金を崩して生活をしてました。
住宅ローンを払い続けようと、銀行へ返済の見直しを相談にも行きました。
かつて一度、返済計画の見直しをしており、今回は受けられませんとの返事。
しかも、返済計画の見直しをしたことにより、返済期間の延長をしていたのです。
あと10年の返済が残っています。
思った額の退職金が出ていれば、何とか払い続ける事もできましたが、
このままでは、2-3年が限度。
妻とも相談の上、住宅ローンの滞納、任意売却という形での販売を考えました。
生活を優先して、また残りの人生を考えての結論でした。
インターネットで、任意売却の業者を調べました。
何件も業者が出てきました。ホームページはどれも素晴らしく比較ができません。
実際に電話をしてみると対応にばらつきがありました。
3件目位だったと思います。
センチュリー21広宣さんに相談を電話を入れました。
明らかに、前の2件の会社とは違う印象を受けました。
センチュリー21広宣さんの後にも、他と比較してくださいと言われたので
2件ほど電話をしてみましたが、比較してくだいという意味が良く判りました。
説明の丁寧さ、誠実な対応。質問に対しての適格な答え。
センチュリー21広宣さんに任意売却を依頼する事にしました。
不思議とセンチュリー21さんに依頼してからは、順調に物事が進むようになりました。
任意売却も順調に契約ができ、引っ越しも無理なくできました。
妻の体も回復し、少しづつですが働けるようになりました。
私も、より条件の良いアルバイト先を見つける事ができました。
センチュリー21広宣さんに感謝しかありません。
本当にどうもありがとうございました。

事例15:リストラでストレスが溜り、カードで買い物。住宅ローンの返済が困難に。

<千葉県在住 50歳台 ご夫婦>

会社の業績悪化が原因で、リストラの対象にはなるものの、職場に残れる事になった。
しかし、残ったら残ったで過度のストレスが溜り、
自分でも気持ちのコントロールができない状況になった。
気が付けば、気晴らしに買い物をしていました。
カードでの買い物でリボ払いで支払いをしました。
毎月の支払が一定額なので、無理のない生活でした。
支払い額が変わらないので、知らないうちにカードの限度額まで買い物をしてました。
もっているカード4枚ほど、限度額まで使うのに左程の時間はかかりませんでした。
限度額まで借りたカード。リボ払いとは言え、毎月の支払は厳しいものになってました。
払っても払っても減らない元金。
返済のためにカードでのキャッシングを起こした時に、急に不安がよぎりました。
リボ払いの返済、キャッシングの返済のダブルパンチでした。
住宅ローンの滞納が始まりました。管理費も修繕積立金も滞納しました。
駐車場代金も滞納してましたので、滞納が2か月たまった時には駐車場は解約を迫られました。
近場で駐車場をやっと借りられたのですがもう滞納はできません。
銀行からの督促状、管理会社からの督促状が毎月送付されてきます。
妻にも全てを話ましたが、妻はインターネットで任意売却を調べてくれ、
いくつかの会社と電話で相談をしてくれました。
一番親身になり話を聞いてくれたのが、センチュリー21広宣でした。
自社ビルでサンシャイン60の目の前で営業しており、センチュリー21に加盟して27年目。
カードでも買い物、キャッシングを繰り返した私の話を聞いたあとの話が応えました。
センチュリー21広宣の会長さんから、
「任意売却をしてもそれは一時の事。生活を根本から直さないとまた同じ事を繰りかえす。」
ときつくしかってくれたのです。
目が覚めが気がしました。
その後は、任意売却も順調に進み、引っ越しもできました。
カードの件は、弁護士の先生に相談。返済を圧縮することができました。
相談の時に、真剣に叱っていただいた会長さんには、心から感謝してます。
人生をやり直す事ができました。
本当にありがとうごいざいます。

事例16:転職により給与が減少。住宅ローンの返済が困難に。

<神奈川県在住 30歳台 ご夫婦>

会社を自己都合というよりは、半ばリストラという形で退職となった。
うまく再就職は見つかったが、給与は前職の半分少々という悲惨な状況。
私は、単身赴任での業務となり自宅には月に1回程度帰れるか?というかんじでした。
子供がまだ小学生なのですが、これから一番お金がかかる時期になる。
妻が一人で家計のやりくりとしていたが、数か月は何とか一人でやっていた。
しかし、無理がたたってか、体調を崩してしまった。
給与が減った事によるストレスと自分一人にかかる責任。
住宅ローンが払えなくなるまでに時間はかからなかった。
インターネットで検索をして、任意売却という方法があると。
これにかけてみようかと思いましたが、こんなうまい話しがあるのか?と疑問も
何社かに電話をして相談。結果、センチュリー21広宣さんが適格なアドバイスを。
また、相談にお伺いした際には、
「当社へ依頼をしてくださいとは言いません。知っている限りのノウハウをお話しします。
その上で、当社へ依頼との事でしたら喜んでお受けいたします。」
と丁寧に任意売却についての説明をしていただけました。
話を聞き終わる頃には、信頼をすることができる会社だと確信が持てました。
センチュリー21広宣に任意売却の依頼をしようと決めました。
任意売却が始まるまでも、細かくアドバイスをいただけました。
実際に、売却が始まってからも、内覧でどうしたらお客様が気に入っていただけるか? 部屋の中の整理整頓、内覧直前の換気や、電気をつける事から、
カーテンの開け閉め、スリッパの数、事前に匂いのこもる料理はしない、
洗濯物は干しっぱなしにしない、バルコニーはより広く見せるため物は
置かない等々の細かいアドバイスをいただきました。
任意売却もストレスなく終える事ができました。 債権者との分割協議も整い、毎月無理のない返済を設定する事ができました。
センチュリー21広宣には本当に感謝しています。
ありがとうございました。