【センチュリー21の任意売却無料相談】任意売却のメリットとデメリット?

任意売却.com  無料相談受付

お客様事例

HOME | お客様事例 | お客様事例21−24

お客様事例

事例21:住んでいた両親が、収入減から住宅ローンの返済が困難に

<埼玉県在住 40歳台 男性>

自宅を購入して、住宅ローンを組みました。
実際に物件い住んでいたのは、自分の両親です。
親孝行のつもりで、マイホームを購入して親に住まわせてました。
自分は、仕事の関係もあり千葉県に在住。
千葉の家は、会社の近くに賃貸のアパートを借りて住んでいました。
住宅ローンは、住んでいる両親が払っていました。
父が病気になり、収入がなくなった時期がありました。
その間、母は住宅ローンが払えていない事は私を心配させないようにと、 内容については話をしてくれませんでした。
3か月間の住宅ローンの滞納があると、債権者から突然の督促状を母から見せられた時は、
驚きと共に、今後はどうなるのかな?との不安でいっぱいになりました。
督促状の内容としては、3か月間の滞納分と利息を一括してお支払いいただきたい
という事でしたが、到底払えるものではありません。
住宅ローンの滞納がある中で、住宅の売却ができるか?
残債が完済できない状況でも売れるものなのか?
インターネットで調べてみると、任意売却というキーワードが引っ掛かました。
インターネットでは、沢山の任意売却業者が出てきました。
どの会社も良い事ばかりで、何を選ぶ基準にしてよいか迷いました。
絞り込むについて、
1.社歴が10年以上あること。
2.できれば、名前が通った大手であること。
3.受付の会社が最後まで任意売却をする(他社へ回す事がない)こと。
4.営業スタッフに実際にあって話が聞けること
条件的に絞りこんでみると、ヒットした会社は、数社だけとなりました。
 
各社へ電話をして話を聞いてみると、最後まで残った候補は1社
それが、センチュリー21広宣でした。

迷わずに依頼をしました。結果は正解でした。
任意売却の説明も簡潔でありながら、経験が豊富な事が良く判りました。
応対いただいた営業は、実際には会社の代表者様であり、ビックリしました。
親切に、丁寧にご説明をいただきました。
任意売却中も、債権者と私たちが話をする事はほとんどありませんでした。
センチュリー21広宣が債権者との話は全てしてくれました。
売却も順調にすすみ、買手様もすんなりと決まりました。
任意売却とは言っても、一般の売却と全く同じ方法で売却されましたので、
私たちが任意売却をしているという事は、ママ友にも気が付かれる事はありませんでした。

任意売却が終わってからの、残債に対しての分割弁済についての交渉に関しては、
センチュリー21広宣さんから、話し方から交渉の仕方までレクチャーを受けましたので、
こちらの要望通りの金額で抑える事もできました。

何から何までセンチュリー21広宣には、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
 

事例22:上場企業に勤務。給与が激減。子供の教育費を優先。住宅ローン滞納に。

<大阪府在住 50歳台 ご夫婦>

上場企業に30年勤務してます。
不況、働き方改革で残業が大幅にカットされました。
給与が激減。部署も配置換えとなり、なれない仕事からストレスがたまるように。
娘が丁度、大学に入学の時期と重なった事もタイミングが悪かったのですが、
娘にかかる教育費が、今まで以上にかかるようになりました。
住宅ローンを返済し続けるか?娘の教育に費用を充てるか?
家族での話し合いの結果、結論は娘の教育を優先するという事になりました。
娘の教育を優先して、不動産という負の資産は維持する事なく、売却をするという
結論に至りました。
しかし、素人ながらも残債が返済できなければ、不動産を売却する事はできない位の知識はありました。
相場で売却しても、残債との差額を捻出する事は到底不可能でした。
インターネットで調べてみると、住宅ローンの滞納があって、残債が残っても、
不動産を売却できる方法がある事にたどり着きました。
それから、任意売却について調べてみましたが、業者はどこを選んでよいのか?
大変い迷いました。
センチュリー21広宣は、親身に対応いただき、一番適格な説明をいただきました。
一つの気がかりは、会社が東京にある事でしたが、全国を対応されるという事で一安心。
センチュリー21広宣さんに、任意売却を依頼する事にしました。

センチュリー21広宣の担当者のお話しの中で印象に残った言葉が、
「お金のストレスは知らず知らずに体を害している事があります。
 任意売却を当社へ依頼したあとは、全て債権者との交渉は行いますので、
 ご自身の健康に充分に留意されてださい。」
でした。

言われてみれば、娘の教育費、住宅ローンの返済などでストレスが溜り、体調が
思わしくない事が気になっていた時でしたので、ありがたいなと感じました。

住宅ローンの滞納をしつつも、引き渡しまで住まい続ける事もでき、
娘の学校の授業料も払う事ができました。
家族で決めて進めた任意売却は、我が家にとっては正解だったと感謝してます。

センチュリー21広宣の担当の方には、心から感謝をしております。
ありがとうございました。

日本全国を回ってらっしゃるとの事でした。
交通費も宿泊費も自分の会社持ちでいらっしゃってくれました。
これからも、我が家のように困っているご家族の為にがんばってください。
陰ながら、応援をさせていただきます。

ありがとうございました。

事例23:主人と死別。女で一つでは住宅ローンを支払いが困難に。

<千葉県在住 50歳台 女性>

2年前に主人と死別
主人は会社をやっていましたが、経営はギリギリでしたので、主人名義ではローンが借りられず。
私は、会社へ勤務していましたので、住宅ローンは私名義で借入をしました。
主人が他界したあとは、生活とローンの両立が一人の収入では厳しくなりました。
多少の蓄えも有りましたので、最初はやり繰りしながら住宅ローンを支払ってました。
蓄えがなくなるのは、時間の問題でした。
住宅ローンの滞納、競売、自己破産という文字が頭に浮かびました。

インターネットで色々と調べる中で、任意売却という方法が取れそうだと判りました。
任意売却は、住宅ローンの滞納があっても、競売にならず、自己破産もしなくてもよい方法だと
センチュリー21広宣さんの担当からお聞きしたときは安心をしました。

結局、仲介手数料と抵当権抹消費用を債権者が出してくれましたので、私の持ち出しはゼロでした。
おまけに、引っ越し費用を捻出していただき逆にもらう形となった事は予想外の事でした。

引越し先は、以前に比べて狭いですが、自分一人で暮らす分には丁度良い広さだと思います。

センチュリー21広宣さんに出会えて、任意売却ができたことに感謝してます。
ありがとうございました。    
 

事例24:定年を迎えました。今後の返済を考えて任意売却に。

<埼玉県在住 60歳台 ご夫婦>

長年働いた会社を定年となり、退職しました。
今後の人生設計を考えると、かなりの残債がまだ残っている状況で、
年金のみの収入になる事を想定すると自宅を維持し続けることが良いのか?
妻と話し合いをしました。
私たちには、子供がありません。
子供がいれば、話しは変わってくるのでしょうが、特に財産を残すという事は必要ありません。
そこで、断捨離の一環として、まず手始めに、住宅を処分しようという事になりました。
そこで、問題と壁にぶち当たったのです。
現時点で売却しようとすると、残債が完済できないという事です。
自分の手持ちを出してという事もできません。
地元の不動産業者に相談してみましたが、回答は一律に
「残債を完済できて、仲介手数料を払える金額で売却をするしかないですね。」との事。
その金額で売却できない事は、近隣相場から素人でも判ります。
インターネットで調べてみました。
任意売却という方法がある事を知りました。
知人に相談してみると、その方の知人で任意売却をされた方がいるとの事。
詳しく話を聞かせてもらいましたが、その業者が大変に親身にやってくれた
との話が印象に残りました。
妻と相談して、その業者さんの話を聞いてみようという事になり、電話をしました。
すると、担当の方が親身に話を聞いてくださり、的確なアドバイスをいただけました。
信頼に足る担当者さんだなと感じましたし、センチュリー21に加盟している会社ですので、
安心してお任せしようという事になりました。
実際に、任意売却をスタートするまでは約6か月位はかかりました。
その間は、住宅ローンを止めた状態で、そのまま生活できたので助かりました。
売却をスタートして、約1ヵ月で買手さんが見つかり、その後1ヵ月で引き渡しができました。

任意売却後の返済(分割弁済協議)は、生活の無理のない範囲で設定する事もできました。
センチュリー21さんには、感謝です。
ありがとございました。