お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例103

事例103:神奈川県在住



事例103:住宅ローンのリスケジュール期間が切れて返済が不能に。

神奈川県在住 40歳代 家族4人
ホーム―ジから問い合わせ。電話とラインで質問。面談を経て任意売却へ



お仕事は 会社員
債権者は、横浜信用保証


お客様のお声

神奈川県に在住。家族4人。
会社からの業務変更、配置替えにより、残業が極端にすくなくなった。
4年ほど前に、住宅ローンの返済に困り果てた末、銀行へ相談
そうすると、返済計画の見直しをしてみましょうと言われて、
毎月のローンの返済が極端に少なくなった。
これで、何とかやりくりとしてきたのですが、その見直しの期間が終わりますとの通知が来て愕然。
返済額が少しどろこではなく、以前の1.5倍位の返済となってしまう。
ネットで色々と調べるなか、任意売却とは?というページに出会う。
センチュリー21広宣のページで、成功事例があってそれを読んでみた。
かなりの事例が紹介されていて大変に勉強になった。
任意売却とは?どういう物かが把握でき、センチュリー21さんに相談
丁寧な説明、対応、にまず安心しました。
また、迅速な対応、気遣い、心遣いに感謝もしました。
横浜信用保証の任意売却も数多くやられていて、安心もしました。
センチュリー21さんから、返済計画の見直し(リスケジュール)の話を聞き、
改めてこの数年の間の事が悔やまれるましたが、過去は振り返っても戻ってこない。
前に進むために、任意売却を選択させていただきました。
センチュリー21の担当の方は、話を聞いているだけで安心できる方でした。
仕事もキッチリとこなし、債権者との交渉にも一生懸命にあたってくれました。
順調に任意売却が進み、残債の返済についても、無理のない返済で同意していただけました。
任意売却とは?全く分からない自分に、丁寧な説明をしていただいた
センチュリー21さんに感謝をします。
これからの人生、しっかりと家族と仲良く暮らしていきます。
本当にありがとうございました。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ