お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例96

事例96:神奈川県在住



マンション管理費の滞納で、差押、競売に

神奈川県在住 50歳代 独身
ホームページから問い合わせ。面談で任意売却へ



お仕事は ガードマン
債権者は、マンション管理組合


お客様のお声

神奈川県に在住。独身。
ガードマン。
マンションのローンは終わっている。
数年前に、サラリーマンで努めていた会社が倒産
職を探すにも、年齢が50才代ではロクな仕事がなく。
そうこうする内に、持病の腰痛が悪化して。
でも働かなければならないので、日雇いのガードマンの仕事につく。
立ちっぱなしの仕事でかなりハードの上、腰痛持ち。
働いては休み、働いては休み。当然収入も低く、生活がやっとの状態。
ガードマンになって8年位になるが、生活がギリギリという事もあり、
マンションの管理費と修繕積立金の滞納をしていた。
当初は、管理組合から請求があった時に、一時的に支払ってもいたが、
その支払いもできなくなってしばらくが経過した。
何度か、管理組合の代理人なる者からの通知が入っていたようだが、
あまり気にせず、最近は何も言ってこないな位に考えていた。
管理費、修繕積立金の滞納と、遅延損害金の合計が400万を超えていたようだ。
ある日、競売開始決定通知書なるものが届いた。
良く読んでみると管理組合が訴訟を起こしたと書いてあった。
困り果てて、知人に相談を持ち掛けると、ネットでいろいろと調べてくれた。
任意売却という方法がある。センチュリー21広宣という所が、管理費滞納の件で、
任意売却を数多くやっているようだとの情報と教えてくれた。
早速、電話をしたら、翌日に面談を行ってくれた。
親切丁寧に説明をしてくれて、今後の取り組み方、管理組合との話し方等、指示もいただいた。
最初は、競売という事で、多少なりともビビッていたが、説明を受けて安心できた。
その後は、全てをセンチュリー21さんにお任せをして、管理組合の代理人とやり取りを含め、
全ての交渉をやっていただいた。
運よく、競売の入札が行われる3週間前にマンションの売却が無事完了して、
管理費、修繕費の滞納を全て完済し、尚且つ、手元に多少なりとも現金を残すことができた。
これからは、明るい未来がまっているような気がする。
センチュリー21に、これからは心機一転、前向きに生きていきますと宣言した手前、
今後は、しっかりと、地道に生きていく決意です。
センチュリー21さん本当にありがとうございました。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ