お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例94

事例94:神奈川県在住



賃借人が退室、リフォーム代金捻出できず。ローン滞納

神奈川県在住 50歳代 独身
ホームページから問い合わせ。電話して面談
面談後、直ぐに任意売却へ。



お仕事は 運送会社勤務
債権者は、横浜信用保証


お客様のお声

神奈川県に在住。独身。
運送会社に勤務。
数年前に離婚。離婚をきっかけに自宅は一人では広すぎるため、賃貸に出した。
自分は、自宅近くのワンルームを借りている。
住宅ローンは、家賃収入では足りないので、1万程を足して返済に。
自分が借りているワンルームの家賃と1万を足しても充分にやれていました。
4か月前に、賃借人から退室予告があり、3か月前に退室となりました。
綺麗にお住んでくれていたのですが、壁紙は張り替えが必要となると。
また、トイレのウォシュレットの取り換え、給湯器の交換、網戸の補修、
建具の調整、クリーニングと新たに募集をするためのリフォーム費用が、
65万という事で不動産屋からの見積もりがきました。
とても、この金額を捻出する事はできず、また、このままでは募集もできず。
更に、家賃相場は下がっていて、以前の収入も見込めない状況との事。
そうこうする内に、ローンの返済期日がきて、滞納。
支払いを断念せざるを得ないとの決断に。
しかし、売却しても元金が返せず。困っていたところ、知人から任意売却を進められました。
インターネットで調べると、たくさんの業者の名前が出てきました。
どれも良い事を書いてあり、比較しようにもどれが良いのか判りません。
センチュリー21のHPにたどり着き、ここなら安心できると問い合わせをしました。
非常に、丁寧な対応と判りやすい説明をしていただき、任意売却への不安がなくなりました。
債権者との交渉も全てセンチュリー21さんがやってくださり、私はほとんど何もせず、
ストレスも感じることなく、任意売却を進めることができました。
任意売却後の分割弁済協議で、生活にも無理のない範囲での返済に抑えられました。
センチュリー21さんには感謝してもしきれません。
私は、いままで同様の部屋でいままで同様に仕事を
続けることもでき、
何も変わることなく安心して生活ができています。 ありがとうございました。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ