お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例93

事例93:群馬県在住



病気、別居、ローン滞納、任意売却へ

群馬県在住 50歳代 独身
ホームページから問い合わせ。メールと面談
面談後に、充分納得の上。任意売却へ。



お仕事は 印刷会社勤務
債権者は、足利信用保証


お客様のお声

群馬県に在住。独身。
印刷会社に勤務。
仕事のストレス、プレッシャーから、心の病に。
4年前から、うつ病との診断で、心療内科にお世話になるように。
自分としては、うつ病との診断が出て、安心した部分と、
将来への不安が更に増える原因となってしまった。
安心した部分は、仕事でやる気が起こらない時など、上司から良く注意を受けていた。
以前はこんな自分ではなかったなと自己嫌悪の毎日を過ごしていた。
それが、病気だったという事で、ある意味安心をしました。
しかし、それと同時に、仕事がまともにできなくなるという事と、 給与がまともにもらえなくなり、将来への不安が増す結果ともなりました。
それと時を同じくして、夫婦仲も悪くなり、私が実家へ戻る事になりました。
自分としては、離婚を想定しての別居という事で区切りをつけました。
病状が悪化すれば、会社へは出れません。
結果、給与は激減。住宅ローンの支払いが厳しくなりました。
妻は、家への固執が強く、手放したくないとの思いが人一倍強い人でした。
ホームページを調べたところ、住宅ローンを滞納した場合、
競売か任意売却かの2つに1つという選択ができることが判りました。
エリア的に、ほとんどの業者から対応できないと言われました。
センチュリー21広宣さんだけは、エリアに関係なくという事でお話しをいただけました。
妻への説得は、センチュリー21さんがしてくれて、任意売却という方向へ向かえました。
債権者とのお話しも、センチュリー21さんが何度も足利信用保証とやっている事もあり、
非常にスムーズに進み、ストレスもなく任意売却をする事ができました。
引越しの費用も捻出していただけて、任意売却後も分割弁済協議で、
無理のない返済に抑えられ、非常に安心する事ができました。
一時は、仲が悪くなった夫婦関係も徐々にではありますが、良い方向へ行きそうです。
体調も、ローンの心配がなくなり好転しました。
仕事への復帰もでき、生活も安定してきました。
本当に、任意売却をして良かったです。
また、遠方ですが、丁寧にご対応いただきましたセンチュリー21さんに感謝いたします。
ありがとうございました。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ