お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例84

事例84:茨城県在住



子供の教育費増、住宅ローン滞納。

茨城県在住 50歳代 夫婦 家族4人。
ホームページから電話で問い合わせ。電話でのやり取りで任意売却へ。



お仕事は 会社員
債権者は、群馬銀行


お客様のお声

茨城県に在住。親子で4人家族です。
会社員として、リフォーム営業をしてます。
会社も順調で、仕事も順調なのですが、子供の教育費が・・・・・
給与が毎年、コンスタントに上がる訳ではないのですが、
子供達が小学校までは何とか安定した生活を送れてきました。
上の子供が中学に入り、塾、部活といろいろとお金がかかるようなってくると、
家計も段々ときつくなってきたのは感じてました。
でも、妻が何とかやりくりをしながら、上手くやってくれていました。
下の子が、中学へ進学、上の子が高校へと進む頃には、
かなり厳しく、節約をするようになりました。
たばこもやめました。外でのお酒も極力控えるようにしました。
家では、発泡酒に切り替え、一日に350ml缶を1本。
あとは、4Lの安い焼酎を飲んで節約に協力もしました。
上の子が、専門学校へ上がる頃には、蓄えていた貯金を切り崩してやりくり。
せっかく手にいれたマイホームだけはと、必死でした。
本当は、禁止されているアルバイトを本業とは別に週末やってしのぎました。
1年前に、貯金も底をつき、私も体調を崩してバイトもできなくなりました。
住宅ローンが1か月遅れるようになり、また遅れながらも支払うというような返済をしてました。
残高がかなり残っており、売るにも売れない状況でしたので、頑張るしかないとあきらめてました。
そんな時に、ホームページで任意売却について知りました。
いろいろと勉強もして、何社かに電話をしました。
ホームページでは関東近県対応と書いていても、茨城県というと、対応エリア外ですとの答え。
そんな中、エリアはどこでも対応しますというセンチュリー21広宣さんの、
ホームページに出会いました。
競売だけは、避けたいと思ってましたが、センチュリー21さんに断られたら
諦めようと腹を決めて、センチュリー21さんに電話をしました。
結果は、気持ち良く引き受けていただきました。
他の会社では、きけない、群馬銀行の任意売却を行ったあとについてもお話しいただけました。
親切、丁寧に対応をいただき、何よりも私と私の家族を気遣ってくれた事に感謝してます。
もっと早く、この任意売却という制度が有る事を知っていればと悔やみました。
任意売却もセンチュリー21さんのおかげで、無事に終えることができ、
第二の人生のスタートが切れました。
あまり広くないのですが、妻の実家に4人が住ませていただけることになり、感謝です。
センチュリー21さんには、本当に感謝してます。
ありがとうございました。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ