お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例11

事例11:上場会社勤務18年。子供の教育費により住宅ローンの返済が困難になったケース



住宅ローン、管理費・修繕積立金の滞納が発生

千葉県 在住 43歳 ご夫婦
ホームページから当社へ電話。御来社されて相談。
面談をした結果、任意売却へ進む。


上場会社に18年間勤務。
数年前より、給与が減少傾向になった。
お子様が2人の4人暮らし。
お子様の教育資金を捻出するために、住宅ローンの返済が困難になったケース
債権者は、住宅金融支援機構、年金融資。

お客様のお声

上場会社に18年間勤務しておりました。社会的には裕福な家庭と見られるが・・・・
数年前より、残業が極端に少なくなり、ボーナスも前年比で2割程度下がる事も。
子供が2人。1人は、高校2年。1人は、大学生1年。
大学1年の子供が高校2年くらいから、進学塾の費用が増えるようになった。
夏季講習、春季講習、補習。模擬テストや、一時的に家庭教師も必要となり。
受験は志望校へ進学できることになったが、受験にかかる費用と入学金。
更に学費。そして、2番目の子供が高校2年になり同じ課程を進むと考えると・・・・
ご夫婦で話し合われた結果、住宅ローンの支払を止めて、子供の教育費に回すことに
住宅を維持することだけが、家族の幸せではないと考えた結果の決断でした。
そんな中、インターネットでセンチュリ-21広宣のホームページ拝見して、直ぐに相談をさせていただきました。
何度もご相談する中で、任意売却という選択が最良であると判断をしてお願いをしました。
月々の返済も無理の無い範囲で交渉をすることができ、本当に助かっております。
ありがとうございました。
任意売却の無料相談は、信頼のネットワークのセンチュリ-21広宣へ
フリーダイヤル 0120-87-3303 年中無休 9:00~22:00まで
相談は何度でも、全て無料。任意売却に係る費用も無料。
何でも、お気軽にご相談ください。














お問い合わせはこちら

ページ先頭へ