お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例73

事例73:大阪府在住、会社員



離婚が原因で、住宅ローンの支払いが困難に。

大阪府在住 40歳代 男性。
ホームページからのメールでお問い合わせ。メールでのやり取りで任意売却へ。



お仕事は、会社員。
債権者は、近畿大阪銀行


お客様のお声

大阪府に在住。会社員。
会社員で真面目に勤めてきました。。
社内で知り合った女性と5年前に結婚。
仕事の事も理解してくれるので、働き甲斐もあり、仕事もバリバリしてました。
給与も安定していましたが、妻がパートで支えてくれるという事もあり、
念願のマイホームを3年前に購入したのです。
妻とマイホームの両方を手に入れて、あとは子供ができればと、
幸せいっぱいの状況でした。
ところが、1年半前から状況が一変しました。
パート先の飲み会と言っては、遅く帰ってくる日が毎週のようにありました。
そして、1年前、妻から突然の離婚届けを出されて、妻が家を出ていきました。
実家に帰ると言っていましたが、実家にいる様子はありませんでした。
住宅ローンの返済は、妻のパートもあてにして返済計画をたてていたので、
直ぐに住宅ローンの返済が出来ない状況となりました。
売却をしたくても、ローンの残債を完済する金額ではとても売却できない事はわかっていました。
そんな時に、インターネットで任意売却の事を見つけて、
センチュリー21広宣さんのページに出会いました。
最初はメールでのやり取りでしたが、東京から大阪まで来てくれて、安心しました。
任意売却をすることが決まって、心も安定したおかげで、妻との離婚にも踏み切る事ができました。
任意売却も順調に進み無事に売却をすることができました。
任意売却もできて、離婚もスッキリとすることができ、新たなスタートを切れました。
スタッフの方とセンチュリー21広宣さんに感謝しています。











お問い合わせはこちら

ページ先頭へ