お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例69

事例69:神奈川県在住、会社員



大腸がんで退職。住宅ローンの支払いが厳しく・・・・

神奈川県在住 50歳代 ご夫婦。
インターネットのホームページから電話相談。メール相談。
来社の上、面談を行い、任意売却へ。


お仕事は、会社員。
債権者は、住宅金融支援機構


お客様のお声

神奈川県に在住。会社員。
2年前に大腸がんと診断をされ、即入院、手術を行った。
命は助かったが、がんの転移が心配され、抗がん剤治療を術後に行った。
会社は、休職扱いで傷病手当にてやりくりをしていた。
住宅ローンが支払えない時期があり、キャッシングをして支払う時期もあった。
会社的にもいつまでも休職をしている訳にもいかず、抗がん剤治療が終わったので、
仕事への復帰をしたが、以前のような営業をする事ができず、デスクワークをせざるを得ない状況に。
復職とともに傷病手当はなくなったが、戻った仕事では以前のような収入が見込めなくなった。
キャッシングで借り入れをしながら、住宅ローンの返済もしていたが、
滞納が数か月たまってきてしまった。
収入も減り、仕事のやりがいも感じられない仕事で悩む日々。
また、がんの再発に怯える日々を過ごす中で、職場のストレスが健康には良くないと判断。
そんな時に、インターネットで任意売却の事を知り、勉強をした。
センチュリー21広宣さんのホームページに出会い、電話にて相談。
メールでの相談、面談を繰り返して、納得の上で、任意売却をする事を決意。
任意売却をする決意が固まると、会社を退職しても何とかやっていけるとの自信も持てたので、
会社を退職して、任意売却を進める事ができました。
任意売却後は、妻の実家へ同居をする事ができ、体をいたわりながらも、アルバイトもできる環境に感謝してます。
センチュリー21広宣さんからは、まずは体を第一に考え、第二には家族の事。
分割弁済はできる範囲で問題ないので言われた通り、月々5000円でまとめる事ができました。
本当に感謝をしています。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ