お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例61

事例61:福島県在住。会社員。



住宅ローンの滞納により、任意売却へ

福島県在住 30歳代 夫婦と子供で居住中。
ホームページからメールと電話にて相談。。
メールでのやり取りをして任意売却へ。


ご職業は、会社員。
債権者は、住宅金融支援機構


お客様のお声

福島県に在住。
会社員として働いていた。
自分の名義の戸建住宅を、自分名義の住宅ローンで購入しました。
自分は、すでに家族と共に、賃貸住宅に居住中。
購入した家に住むのは、親父、お袋と弟夫婦が居住をしていた。
家賃は取らない代わりに、住宅ローンの返済を親父と弟の2人でしていた。
今年の初めに、親父が脳梗塞で倒れて、それを機に、痴呆症が進んでしまった。
親父も脳梗塞になるまでは、しっかりと働いてローンの返済をしてくれていたが、
脳梗塞により、仕事をやめなくてはならなくなった。
弟の収入だけでは、住宅ローンの支払いは、とても厳しく、滞納が始まってしまった。。
自分の給与は、家賃と家族の生活費で精一杯の状況で、滞納を止めることはできなかった。
インターネットで調べてみると、任意売却という方法があることを知りました。
センチュリー21の任意売却のHPに出会い、遠方でもやっていただける事を知り、
直ぐにセンチュリー21広宣さんに依頼をしました。
と言いますのは、任意売却の業者に数社相談をしてみましが、
札幌市という事だけでできませんと断れていたからです。
依頼をしてから、半年後には無事に任意売却をすることができて、今はホットしております。
センチュリ-21広宣さんどうもありがとうございました。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ