お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例58

事例58:結婚を前提にマンションを購入。結果は、破談となり任意売却に。



住宅ローンの滞納が発生

神奈川県在住 30歳代 独身で居住中。
ホームページからメールにて相談。。
電話でのやり取りをして任意売却へ。


ご職業は、IT関係の会社員。
債権者は、横浜信用保証


お客様のお声

神奈川県に在住。
IT関連の会社員として働いています。
数年前に結婚の話が持ち上がり、新築のマンションを購入しました。
夢のマイホームと結婚。人生設計通りに、思い描いたようなマンションを購入。
IT関連の会社で働く私は、時間が不規則で、休みもなかなか取れない状況でした。
マンションへの転居も済ませて、いよいよ結婚も秒読み段階になったとき、
彼女から突然、結婚は無かったことに、別れてくださいとの話が。
当初は、話しを聞き混乱をしていたため、また、期日も迫っていたため、
彼女の押しに認めざるを得ない状況となりました。
一人には広い住まい。高い住宅ローン。
最初は、がんばって返済をしておりましたが、二部屋は全く使わず。
そうこうするうちに、残業が減り、住宅ローンの返済が困難に。
HPで、任意売却の事を知り、センチュリー21広宣に問い合わせをしてみました。
横浜信用保証とは、過去に数十件の任意売却を行っていて、経験が豊富でした。
担当の社員の対応もしっかりしており、安心してお任せすることができました。 任意売却も順調にすすみ、無事に決済を迎えることができました。
センチュリ-21広宣さんに感謝しております。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ