お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例57

事例57:海外出張が多く、住宅ローンが滞納に。



住宅ローンの滞納が発生

千葉県在住 60歳代 親子にて居住中。
ホームページからメールにて相談。。
電話でのやり取りをして任意売却へ。


ご職業は、会社員。
債権者は、住宅金融支援機構。年金融資


お客様のお声

千葉県に在住。
今まで、会社員として働き続けてきました。
どちらかというと、馬鹿が付くほどの真面目人間、仕事一筋でやってきました。
妻とは、数年前に離婚をして、息子と二人で今の家に住んでいました。
私は、海外出張が多く、家を不在にしがちでした。
一年のうち、1/3は海外に行ってましたので、住宅ローンや支払い関係は、
全てを息子に任せておりました。
しかし、半年前より、住宅ローンを滞納しているという事を後で知ることとなり、
その時点では、すでに競売の申し立てがされており、どうにも後には戻れないという事に気が付きました。
このときに、センチュリー21広宣のホームページに出会いました。
電話の応対が非常に判りやすい説明をいただけて、安心できました。
競売の時期も迫っていましたが、センチュリー21広宣さんは、根気よく、丁寧に営業してくれました。
結果、競売の改札の2日前に任意売却をすることができました。
これで、安心してまた海外の仕事へ行くことができます。
センチュリ-21広宣さんに感謝しております。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ