お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例54

事例54:リストラで実家に帰ることに。



住宅ローンの滞納が発生

愛地県在住 40歳代 独身女性
ホームページからメールにて相談。。
メールでのやり取りをして任意売却へ。


ご職業は、会社員。
債権者は、住宅金融支援機構


お客様のお声

愛知県に在住。
独身ですが、仕事を持っていましたのでマンションを5年前に購入しました。
昨年の夏にリストラになりました。
仕事は継続しても良いが、給与は20%カットと転勤を命じられました。
給与の減額は、住宅ローンが支払えなくなることを意味しました。
更に、転勤ともなれば現在の住宅を貸さなくてはならなくなります。
この事を機に、会社を退職。しかし、職は見つからず。
そうこうする内に、実家で父親が倒れ、介護が必要な状態となりました。
住宅ローンが払えなくなり、実家へ帰る必要もありました。
残債が残る形でしたので、売却は断念していましたが、
ホームページで、センチュリ-21広宣の任意売却を知りました。
東京の業者さんなので、ちょっと心配をしましたが、全国をやっているとの事で安心しました。
無事、任意売却もできて、佐賀県の実家へ帰ることができました。
センチュリ-21広宣さんに感謝しております。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ