お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例53

事例53:主人が知人の連帯保証人に。住宅ローンの滞納に。



住宅ローンの滞納が発生

神奈川県在住 40歳代 ご夫婦
ホームページからメールにて相談。来社相談。
ご来社。説明を聞かれて任意売却へ。


ご職業は、会社員。
債権者は、みずほ信用保証㈱


お客様のお声

神奈川県に在住。会社員の夫は、真面目すぎるタイプ。
飲むこともなく、タバコを吸うこともありません。
ただただ、真面目に働いてきたのですが、知人の連帯保証人になっていました。
購入したマンションは、3LDKで築年数は、6年です。
新築で購入しました。
4年前に知人の連帯保証人になっていたようで、その知人が雲隠れをしたのが2年半前。
半年間ほどは、住宅ローンと知人の借金の返済をしていましたが、
借金の返済ができなくりました。
そうこうする内に、給与が差押えられてしまい、住宅ローンの返済ができない状況に。
そんな時です。自己破産をしようか?と迷いながらもHPで任意売却を知りました。
自己破産をするにも、任意売却をしてからすると良いとのアドバイスを頂きました。
弁護士の先生と相談をしながら、任意売却後に自己破産をするという事で進められました。
無事に、任意売却もすることができまた、自己破産の手続きも終えました。
センチュリ-21広宣さんに感謝しております。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ