お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例49

事例49:父との共有物件で、父が他界。住宅ローンが払えず。



住宅ローンの滞納が発生

山梨県在住 40歳代 独身
ホームページから電話で相談。
ご来社、説明を充分に聞かれて任意売却へ。


ご職業は、公務員。
債権者は、住宅金融支援機構。


お客様のお声

山梨県に在住。公務員です。
共有名義である父が他界して2年。
もともと、父がそのマンションに住まいながら、住宅ローンを返済していました。
父が他界して2年になりますが、これまでは何とか住宅ローンの支払を続けてきました。
しかし、私は地方公務員でもありもうマンションに住まうこともないので、
誰も住まっていない、また住む予定のないマンションへの返済を断念しました。。
センチュリ-21広宣のホームページを見て、お問い合わせをしました。
任意売却に関する全ての交渉を迅速に行っていただき、任意売却をすることができました。
センチュリ-21広宣さんに感謝しております。









お問い合わせはこちら

ページ先頭へ