お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例38

事例38:リストラ。うつ病。離婚の危機が・・・



住宅ローンの滞納が発生

神奈川県 在住 45歳 ご夫婦
ホームページからメールにて相談。
来社相談にて任意売却へ。


ご職業は、無職。
債権者は、スルガ銀行。


お客様のお声

リストラの対象となり、希望退職の人員に入れられ、会社から退職を迫られた。
その頃から、うつ病を発症し、会社を休むことも有った。
会社を休んでいると当然、給与は減額となる。
子供の成長と共に、生活費はかかる一方。しかし、給与が激減。
どうする事もできず、住宅ローンの滞納が始まる。
管理費も修繕積立金も支払うことが出来ない状況となる。
会社からは、うつ病を理由としての退職を迫られ、会社を辞めることとなった。
八方塞がりの状況で、妻からは離婚をしたいとの申し出が。
うつ病でダメージのある体に更に追い討ちをかけるこの申し出に、本当に一時は自殺を考えたこともありました。
インターネットで、任意売却のことを知り、センチュリ-21広宣に出会えました。
任意売却は必ずできます。安心して任せてくださいとの言葉に救われる思いでした。
医師と相談した結果、ストレスを感じない状況が一番という事で、九州の実家へ帰ることになりました。
無事に、任意売却をすることができて、後の交渉も上手く進めることができました。
この、任意売却を通して、離婚の申し出をしていた妻が考え直してくれて、
実家に一緒に行ってくれることになりました。
任意売却が無事できたことも、妻が戻ってきてくれたことも、センチュリ-21広宣さんのお陰です。
本当にありがとうございます。感謝しております。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ