お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例35

事例35:リストラ。カードでの債務が増え、住宅ローンの支払が困難に。



住宅ローンの滞納が発生

愛知県 在住 53歳 ご夫婦
ホームページからメールにて相談。
電話相談にて任意売却へ。


ご職業は、会社員。
債権者は、住宅金融支援機構。


お客様のお声

会社のリストラの対象となりました。
退職をしましたが、再就職は厳しく生活費をカードのキャッシングにて借りるようになりました。
一度借りたキャッシングは、返しても返しても減ることはなく、就職できず更に借金は膨らんでいきました。。
住宅ローンの返済が出来なくなり、管理費、修繕積み立て金も支払が困難となってしまいました。
競売をするしかないという状況になった時に、インターネットで任意売却の話を知りました。
最初は、そんなに上手い話があるはずが無い。きっと、新手の詐欺だろうと思ったくらいです。
しかし、債権者の住宅金融支援機構に相談すると、しっかりした業者さんを選んでいただければ応じますと言ってくれました。
センチュリ-21広宣に依頼をして、任意売却をやっていただくことに決めました。
引渡しまで、住宅ローンを払うことなく住まい続けることができました。
管理費・修繕積立金の滞納分も、住宅金融支援機構が販売価格の中から、支払ってくれました。
お引越し費用まで頂くことができました。
全て、センチュリ-21広宣さんのお陰です。ありがとうございました。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ