お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例26

事例26:離婚が原因で住宅ローンの支払が困難に。



住宅ローンの滞納が発生

栃木県 在住 31歳 男性
ホームページからメールにて相談。
その後も、メールにてやり取り。任意売却へ。


ご職業は、飲食店勤務。
結婚3年目で離婚。
元の妻が家を子供と一緒に出て行き、2人で払っていた住宅ローンの返済が困難になった。
債権者は、足利信用保証株式会社。


お客様のお声

飲食店に勤務をしており、時間は非常に不規則な生活。
その影響もあってか、夫婦仲が悪くなり離婚をしました。
それまで、元妻と二人で住宅ローンを支払っていたのですが、娘と元妻は家を出ました。
元妻は、住宅ローンの半分を支払わなくなり、全額が自分一人にのしかかってきました。
最初は、頑張って払っていましたが、広い家に自分一人。
家には、疲れきって帰ってきて、寝るだけという生活。
無理して払っていても、先の見えない不安が襲ってくる。住宅ローンもボーナス返済がきたときに支払うことが出来なくなりました。
インターネットで、任意売却の事を知りました。センチュリ-21広宣さんとメールを繰り返し、何度も相談をしました。
任意売却後の返済も無理の無い額で収まり、ホットしてます。
新しい生活がスタートできて、精神的ストレスから開放されました。センチュリ-21広宣のおかげです。
本当に、ありがとうございました。










お問い合わせはこちら

ページ先頭へ