お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例22

事例22:看護婦をしている方。カードの支払が増えて、住宅ローンの返済が困難に。



住宅ローン、管理費・修繕積立金の滞納が発生

東京都 在住 33歳 女性
ホームページから来社。面談、相談。
その後、メールにてやり取り。任意売却へ。


看護婦として勤務。昼夜のシフトが体調を崩す原因に。
ストレスが溜まり、カードで買物をした。
気が付くと月々の返済は、給与の大半に達していた。
住宅ローンと管理費、修繕費の支払が困難になった。
債権者は、全国保証株式会社。


お客様のお声

看護婦として、永年勤務をしております。
昼夜のシフト、病院内での人間関係によるストレスから、買い物をするようになってました。
当初は、現金で買い物をしていましたが、インターネットからの買い物をするようになったときから、
カードでの買い物をするようになってました。
気が付くと、返済は、給与の大半にまで達していて、生活をするのも厳しい状況に。 生活費をキャッシングで借りた時に、住宅ローンの滞納が始まりました。
給与を貰うと、1週間で消えていく生活。
不動産を売却することを決意して、センチュリ-21広宣に相談をしました。
今の状況、カードで買い物、キャッシングを直さないと、根本的解決にはならないと話をしてくれました。
まず、カードの返済分の半分とキャッシングのお金を、親戚より借りることと、任意売却を並行して進めました。
親戚は、当初、援助を断ってきましたが、不動産を手放しても建て直しをしたいという私の決意を認めてくれました。
センチュリ-21広宣に任意売却を依頼して、生活の建て直しができて、新たな生活をスタートすることができました。
任意売却も無事終わり、月々の返済を無理のない金額で設定することができました。
本当にありがとうございました。




任意売却の無料相談は、センチュリ-21広宣へ
フリーダイヤル 0120-87-3303 年中無休 9:00~22:00で受付
相談は全て無料。任意売却に係る費用も無料。
何度でも、何でも、お気軽にご相談ください。
















お問い合わせはこちら

ページ先頭へ