お客さま事例

任意売却無料相談TOP > お客さま事例 > お客さま事例17

事例17:リストラで職を失う。妻も失業。住宅ローンの返済が困難に。



住宅ローン、管理費・修繕積立金の滞納が発生

東京都 在住 62歳 ご夫婦
ホームページから電話、来社。面談、相談。
その後、メールでのやり取りをし、納得をいただき任意売却へ。


お勤めの会社の業績悪化に伴い、リストラ対象に。
職を失ってからしばらく失業保険で生活をされていた。
その保険期間中に、新しい職が見つからず。
アルバイトしか職がなく、ガードマンの仕事を始める。
奥様もリストラの影響で、仕事を辞めることに。
アルバイトのみの収入では住宅ローンを支払うことが困難となった。
その後、管理費と修繕積立金も滞納となる。
債権者は、住宅金融支援機構(旧住宅公庫)とスルガ銀行。

お客様のお声

会社の業績悪化に伴い、リストラの対象となり、退職をせざるを得ない事になった。
当初は、失業保険もあり直ぐに生活が困ることはなかった。
保険を貰っている間には、次の就職先が決まると思っていたが、簡単には就職先は見つからない。
生活の為には、働かなくてはならず、しかし働き口はないのが現状。
アルバイトのガードマンの仕事口がやっと見つかり働きはじめるが、収入は以前の1/3程度と激減。
妻も仕事をしていたが、同じくリストラで働き口を失う。
妻の収入も住宅ローンの返済にあてていたため、住宅ローンを返済することが困難となる。
住宅ローンの支払いを続けることが困難となりましたが、当初は無理をして返済をしてました。
インターネットで任意売却という方法を知り、センチュリ-21広宣に相談をしました。
任意売却で解決できますよと言われた時は、それまで溜まっていたストレスが消えていく感じがしました。
本当に、感謝をしています。新生活をスタートすることができました。
本当にありがとうございました。




任意売却の無料相談は、信頼のネットワークのセンチュリ-21広宣へ
フリーダイヤル 0120-87-3303 年中無休 9:00~22:00まで
相談は何度でも、全て無料。任意売却に係る費用も無料。
何でも、お気軽にご相談ください。














お問い合わせはこちら

ページ先頭へ